一番多く相談されている任意整理を中心に借金問題解決のための情報を紹介しています。

弁護士での債務整理とは

  • HOME »
  • 弁護士での債務整理とは

弁護士のメリットは借金の金額に関わらず相談できること

司法書士との違いを挙げるとすれば、これに尽きるでしょう。
司法書士事務所では代理できる=裁判外で交渉等ができる債務が決まっています。
地裁などでの裁判となると相談者に代わって主張できないなどの制限があります。

弁護士にはこの制限がありませんので、どんな交渉や裁判になってもお任せできます。

また、過払い金の返還が高額になると、司法書士が代理できる範囲(1社・140万円)により、弁護士が代理することになり、費用が別途かかることもあります。

信販会社のローンで過払い金の返還額が250万円超の場合も。

20年という取引履歴で250万円超の返還額です。
取引履歴が長いだけでなく、法定金利をどれだけ超えていたかでも過払い金の返還額は違ってきます。
借りて、返しての繰り返しの利用では過払い金の返還額は1社だけでも高額になることがあります。

こうした高額返還事例となると、弁護士でしか受任・相談することができません。

弁護士事務所への相談と解決までの流れ

以下は弁護士事務所に債務整理した場合の流れです。

相談者:弁護士に借入・収入・返済・催促の有無などを伝える

弁護士:相談内容に対してどの債務整理方法が最適か提示。

相談者:提示された内容に納得した上で債務整理方法を決める。
同時に必要書類の指示がありますので準備します。

※紛失・破棄済みの場合は残っている書類を揃えます。そのことも弁護士さんに伝えておきましょう。

弁護士:債権者に対して受任通知(介入通知)の送付など債務整理に向けて手続きを進めていく。

債務整理の手続きはそう難しくはありません。
手続きや債務整理の流れは各弁護士事務所のHPでも紹介されていますので、そちらも参考にしてみてください。

こうした手続き自体は難しくないのですが、事務所の対応次第で手続きに時間が掛かることがあるので、短時間とは言えません。
もちろん、相談者側が揃える書類でも違ってきます。

弁護士事務所のホームページのチェックポイント

●費用の目安を紹介しているか。
●相談は何度でも無料かどうか。
●手続きが紹介されているか。
(フローチャートで載せている場合が多いです)
●解決事例を載せているか。
(どれだけ減額されたか、図式での分かりやすさもポイントに)
●相談時間などの情報がしっかり明記されているか。
●事務所の地図
●フリーダイヤル
●メール相談フォーム(セキュリティ対応もチェック)

ホームページのスペース自体も限りがありますから、すべてを盛り込んでいない事務所も多いのですが、必要な情報を的確にまとめられているかをチェックします。

そして、大事な点は
債務整理専門の弁護士であることです。

法テラスや弁護士会に所属しているから、債務整理が得意な訳ではありません。
債務整理は場数こと実績が重視されます。
経験こと交渉力の差は解決力の差にも。

だから、債務整理専門の弁護士でなくては!ということなんですね。

最大1年間まで費用の分割ができるDuelパートナー法律事務所

Duelパートナー法律事務所

少しでも返済を減らしたいというのが債務整理の目的。
過払い金の返還などで減額効果も期待できますが、少しでも月々の返済を抑えたい方は分割期間も相談の場でチェックしておきましょう。

大抵は3~6カ月。
事務所ごとに違いはありますが、Duelパートナー法律事務所は最大1年間まで分割可能です。

Duelパートナー法律事務所(債務)

着手金 50,000円(債権者1件あたり)
成功報酬 成功報酬:20,000円(債権者1件あたり)
減額報酬 10%(債権者が主張する債務額の減額、免除された場合)
過払い報酬 20%(返還された金額からの)

これに事務手数料や消費税が掛かります。

 

過払い金が返還されれば、過払い報酬20%を差し引いた額から費用を捻出することもできますが、該当しないケースもあるので、費用の見積もりを出してもらい、和解金と合わせて当初の月の支払いがどれぐらいになるのか確認しておいてください。

減額がどれぐらいになるのか、見当はつきます。
相手が主張する債務額によりますが、利息制限法で引き直してどれぐらいになるのかは分かりますよね。

その他のDuelパートナー法律事務所の特長としては
■土曜日、日曜日、祝日、夜間と24時間受付可能
■24時間はメール相談。
■女性スタッフが対応

ホームページの印象は
●相談者の声が分かりやすく、任意整理前後を具体的に比較し、検討しやすいのが特長です。

着手金で比べると弁護士法人東京ロータス法律事務所

債務整理なら弁護士法人東京ロータス法律事務所

■任意整理の費用

着手金 20,000円 (別途消費税)
報酬金 20,000円(別途消費税)
減額報酬 10%(別途消費税)
過払い報酬 20%(訴訟の場合25%)※別途消費税
その他諸費用 5,000円(別途消費税)

 

報酬金=成功報酬とみれば良いのですが、着手金に限ってみれば弁護士事務所の平均的な相場よりも安いことが分かります。

弁護士法人東京ロータス法律事務所では2名の弁護士で借金問題の解決にあたっています。
事務所は東京にあるのですが、全国各地で定期的に無料相談会も実施しており、詳しい情報は別途、案内してくれます(無料相談お申込みフォームでも良いと思います)。

土日や全国からの問い合わせにもできる限り対応していますので専用フォームで相談してみてください。

その他の弁護士法人東京ロータス法律事務所の特長は
相談は何度も無料
初期費用は0円。今、手持ちがなくても依頼が可能です。

数多くの相談件数に対応する弁護士法人サンク総合法律事務所。

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

■任意整理

着手金 債権者1件につき49,800円(税別)
報酬金 債権者1件につき19,800円(税別)
減額報酬 10%(税別)過払い金報酬
過払い報酬:交渉の場合 過払い金回収額の20%(税別)
過払い報酬:訴訟による場合 過払い金回収額の25%(税別)

※その他事務手数料(¥30,000+実費相当)が別途かかります。

■完済過払い請求

着手金 ¥0
報酬金 債権者1件につき19,800円(税別)
過払い金報酬:交渉の場合 過払い金回収額の20%(税別)
過払い金報酬:訴訟による場合 過払い金回収額の25%(税別)

費用に限ってみれば安くつくとは言えませんが、注目点は月600件超の相談件数です。

逆に相談件数が多いと、時間が掛かるのでは?

そうも捉えることができますが、件数=実績があるという見方ができます。

相談者それぞれに借金の金額も違えば、金融会社も違う。
借りた日、返済の状況や催促がきている状態など一人ひとり違ってきます。

この問題なら、このような交渉で。
2名の弁護士がしっかりヒヤリングして解決しているからこそ、月600件超の件数につながっていると思います。

その他の弁護士法人サンク総合法律事務所の特長は
初期費用0円
■後払い・分割払い対応可能
■即日取立STOP
■365日・24H全国対応

弁護士費用が用意できないという方も丁寧な相談で対応しています。

以上、費用はホームページで紹介されていますが、
事務手数料などの諸経費の有無なども確認されると良いですね。
いずれも分割での支払いが可能で、弁済金と合わせて無理のない完済計画が立てられます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 借金問題の悩み解決ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.