住宅ローン問題、競売開始までに打つ手はある!

マイホームの購入は人生最大の買い物。

大抵はローンを組んでの購入ですし、ローンだけをみても金利は固定金利か変動金利か、フラット35で組むか、ボーナス併用か、家賃並みの返済で購入できるか、いくつか気になる点があります。

今回は過去に紹介した記事のクローズアップ版。前回はコチラ↓
住宅ローンの滞納問題、競売開始までにできること、可能なこと

住宅ローン問題の中でもローンを滞納し、競売開始の通知が届いた場合にどのような相談と手続きで解決できるかを深堀りしたいと思います。

住宅ローンを滞納して、競売開始決定通知書が届いた場合、想定されること、気になること、いくつかありますよね。

●競売となった場合、住宅は市場価格よりも安く買い叩かれる?
●引っ越しのタイミングも決められない?
●競売となった場合、ローンの残債がどれぐらいになる?
●競売後の住宅は?
●住宅ローン以外の債務は?

その他、住民税等の税金などの滞納が重なると、精神的・金銭的負担も相当大きくなります。

住宅ローンだけに留まらず、さまざまな債務や問題が絡むため、一つひとつ解決したいところですが、競売開始決定通知書が
届いてから競売の期日までの時間を考えると一括で、一気に解決したいところ、それができるところを探すのもひとつの方法です。

その相談先で参考にしていただきたいのが全国個人再生支援機構お任せ任売ナビです。

新居探しをサポート、賃貸契約で競売の回避も。

お任せ任売ナビの特長は住宅ローン問題をはじめ、他の債務の弁済や離婚問題に
至るまで相談者の意向に沿って、柔軟な対応とサポートを実施している点です。

競売の回避あるいは売却で生活の再建を図れる。

これは大きいと思います。

自分の希望が活かせる段階で動く、そしてサポートしてくれる専門家の
力を借りることで競売の回避や任意売却で住宅ローン問題は解決できます。

また、このようなこともお任せ任売ナビではサポートしています。

●税金の滞納があれば、その捻出をサポートしてくれる。
●引っ越し費用の捻出も。
●競売対象の住まいをお任せ任売ナビが買取り、賃貸契約で住み続けることができる。
●カードローンの債務も同時に解決。
●新居探しもサポート。

住宅ローンの滞納問題、競売回避などの解決だけではなく、
今後の生活を希望に沿ってカタチにしてくれる点が心強いと思います。

お任せ任売ナビの「無料診断」は6つの質問、最短2分で答えが出てくる!

6つの質問は設問に答える形式で簡単です。

弁護士や不動産のコンサルタントなど住宅ローンと関連する諸問題に強い専門家のサポートが診断結果をもらった上で、受けることができます。

お金の解決だけではない、生活再建サポート。

競売通知決定通知書をもらった段階は、動揺と不安は大きいもの。
しかし、このようなサポートがあること、できることを知れば少しは解決の方向も見えてきますよね。

住宅ローンの滞納問題はその道に任せること。
特化しているだけにサポート内容も手厚いです。