同じ会社でカードローンとキャッシングを利用していた場合は?

カードローンやクレジットカードはプラスチックマネーとも呼ばれることがあるのですが、カードローンはもとより、クレジットカードにもキャッシング機能が付いており、急にお金が必要になった時に提携のATMで引き出せるので便利でよね。

ですが、どちらも自分のカードではなく、借りているだけ。
カード自体もカード会社に所有権があり、担保された信用=限度額の枠内で利用できるものです。

お金を借りる=カードローンというイメージがあるのですが、キャッシングも同じお金を借りる方法であるものの、別のものです。

同じように語られる場合も多いのですが、まったく違うんですね。

カードローンは主に大口の融資(限度額50万円前後)でリボ払いなどで分割して返済するもの、これに対してキャッシングは小口融資(限度額30万円前後)で、翌月ないし翌々月に一括して返済するタイプのものを指します。

例えば、クレジットカードにカードローンとキャッシングの両方が付帯されている場合もあり、信販会社や銀行系のクレジットカードによくあるケースです。

カードローンで50万円、キャッシングで30万円といった具合にカードローンの利用分はショッピングの枠との合計で総利用枠の範囲内の利用できます。

例えば、こういった感じです。
総利用限度額が50万円、うちカードローンが30万円、別枠にキャッシング枠が20万円というケース。

カードローン分の返済は月々の定額で負担も一定なのですが、キャッシング枠は少額融資とはいえ、約定返済日に一括して返済することになるため、計画的で慎重な利用を期したいところです。

カードローン・キャッシング両方を利用した場合、債務はどうなる?

銀行系のクレジットカードは貸金業法が改正される前から法定金利内ですので、過払い金が発生していませんし、債務整理では利息カットによる減額が中心になります。

しかし、先の例のようにカードローンとキャッシングの両方を利用していた場合はキャッシングの利用は銀行系のクレジットカードでも法定金利を超えるケースもありましたので、この利用分に発生していた過払い金をカードローンに充てることができます。

これは同一のカードで、二つの異なる契約が存在している場合が該当するのですね。

別々のカードで一つはカードローン、もう一つはキャッシングを利用していた場合はそれぞれの会社(契約)で処理されますので、相殺することはできません。

横飛ばし計算と呼ばれるものですが、カードローンとキャッシングの関係だけでなく、カードローンとショッピング枠の関係にも当てはまります。

同一のカードでカードローンの利用分が過去(貸金業法改正前)に法定金利を超えていた場合はショッピング枠を相殺することが可能で、過払い金の額がショッピング枠を超える場合、戻ってくるお金が多い場合は過払い金返還請求のみでブラックリストには載りません。

これに対して、過払い金の返還でも、なおショッピング枠に債務が残った場合は任意整理となり、ブラックリストに載ることがあります。

銀行系のクレジットカードであっても、必ずしも法定金利内であったとは言い切れず、カード会社によってはキャッシング分で状態となっていることがあります。

最近は融資(キャッシング)の基準が厳しくなりましたので、両方の付帯は少なくなり、総量規制の関係から付帯される額も減っていますが、過去にこのようなケースはなかったでしょうか。

カードローンの返済にキャッシングを利用していた。

キャッシングで繰り返し、他の返済に充てていた。

「繰り返し」では当然、利息の支払いもその分だけ増えていますので、限度額が少なくても、過払い金は多くなることがあります。

クレジットカードの過払い金のこと、債務整理ではカード会社によって様々な契約があり、金利も違っていますので専門家に精査されることをおすすめします。