就職活動中でも任意整理で借金は解決できる!

任意整理の情報をホームページで調べている方、また考えている方なら目にしたことはありませんか。

収入が安定している方、という文言。
または過払い金で元金に充当されて減額する。

確かに任意整理は業者と交渉して3年を目処に弁済していく方法なので、当てはまります。
長期で取引している方、それも出資法が適用されていた時期から取引がある方は戻ってくる方が多い場合もあります。

そうした広告をみると、自分には当てはまらないのでは?
そう思うかもしれません。

しかし、実際のところは過払い状態ではなくても将来(弁済時期)の利息をカットするだけでも減額は可能で、今は無職でも近いうちに就職の見込みがあれば、任意整理は可能です。

この2点で任意整理を提案しているのが司法書士エストリーガルオフィスです。
エストリーガルオフィスでは、例え1件の債務であっても対応しています。

私も債務整理時はアルバイトで
安定した収入はありませんでした。

私自身も債務整理(特定調停)をした当時は無職でしたが、調停の段階で就職の見込みを伝えていたので調停できました。

書類審査が厳しい裁判所を通す方法で調停できたのですから、“任意”でできないことはない、そう思うのですね。
裁判所を介した方法でできるのですから、任意整理なら出来る可能性も高いと言えるのですね。

件数が少ない場合や利息制限法内の借入で断る理由(一例)。

件数が多いほど基本報酬も入る。
過払い金の返還があれば、その成功報酬としても取れる場合もありますよね。

しかも、任意整理は業者との交渉で時間が掛かる。
それに1社の債務整理だと経済的利益も薄いから断る例もあるのですね。
数ある事務所の中でも一部ですが、司法書士エストリーガルオフィスのように、1社でも可能ですよ!求職中でも!という言葉に借金問題の解決へ大きな勇気をもらえます。

借金問題を解決できれば、就職活動も好転する!
これは解決された方の中にも出てくる言葉です。

借入件数が少なくても、利息制限法内の借入、あるいは今は求職中でもという方に可能な限り対応しているのが司法書士エストリーガルオフィス

借金問題は必ず解決できる。
長年、その問題で悩んできた経験者だから言えます。

任意整理は交渉力も然り、事務所によって対応の範囲も違います。
借金問題を依頼者の悩みに沿って提案しているか、そこがポイント。
エストリーガルオフィスのホームページで確認できると思います。