自宅に近い事務所で相談することのメリットとは

全国対応の事務所も多いのですが、面談を基本とする債務整理では書類のやりとりをどのように進めるかがポイントになります。

相談はメールで十分可能です。
相談の結果、正式に債務整理を依頼・契約を結ぶ際に契約書類のやりとりが必要になりますので、自宅の近くや通勤途上の場所にある事務所が進めやすい面があります。

交渉が進めば、後は電話でのやととりだけで進めることができますが、和解書の確認などでは直に相談先の事務所に足を運び、確認されることをおすすめします。

電話だけで分からないことも多いですし、金額のことを電話やメールだけでOKとするのは危険なことです。

そんな中で「全国対応」という法律・法務事務所が多いですよね。

どんな手続きになるのか、出張してくれるのか、事務所までのアクセス・費用も気になるところです。

まず、任意整理を例にとると、受任の基本は<面談>です。
ただし、緊急避難的に書面のやりとりで取り立てを止めることは可能です。

その時に必要になるのが本人確認書類です。
●相談者本人が確認できる運転免許証などの身分証明証
●各事務所の所定の契約書類

遠方から手続きであってもその日の相談で返済をストップさせることも可能です。

ただし、この時、取り立てを止めるということは相談ではなく、受任通知を送ることで返済がストップすることでもありますので、契約となりますので注意が必要ですね。

前述の通り、任意整理をはじめ債務整理は面談がベースとなりますので、面談をして、納得した上で判を押すことです。

そのためにも自宅近くの事務所を探す、それも債務整理に強い法律家に探すことが大事。
以下の相談所はネットから、簡単な質問に答えることで解決方法の一端、最適な事務所を全国の中から探し出すことができるシミュレーターです。
街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

また、もうひとつの心配の種として、書類の送付で家族に気づかれてしまうのではという心配があると思います。

弁護士・司法書士事務所どちらも相談者のプライバシーの保護を万全にしており、書類も個人名で送付しているところがある他、アヴァンス法務事務所では交渉の過程をWEBで確認できるシステムを用意しています。

それでも、心配という方は自宅からアクセスしやすい事務所で書類をもらえれば、誰にも知られることなく、借金の整理をすることができますし、相談時にその点を話されても良いでしょう。

地方に支店を構えるところ、無料出張相談を実施する事務所も。

例えば、弁護士法人東京ロータス法律事務所の場合は全国で無料相談会を行っていますし、前述のアヴァンス法務事務所では東京・大阪に事務所があります。

借金問題の解決は法律相談の中でも特殊な部類です。
弁護士だから、どこでも解決できるものではなく、借金問題の特殊性と金融業界の事情通、実務経験や交渉テクニックなども要します。

借金問題は生活や地域とも密着した問題。
地元の事務所が良い面がある一方で、実績のある大都市圏の事務所も選択肢に入れて進めることもひとつの探し方です。

例えば、全国対応と自宅からアクセスしやすい事務所、弁護士間、あるいは弁護士と司法書士で比較すると手続きの違いや費用、和解までの流れの違いを確認できます。


imag1_02
  imag2_02