審査落ちの原因が分からず申込むと、今度は申込ブラック状態に。

債務整理すると、5年間は信用情報機関に異動(事故)情報として登録され、
以降はその情報が消えるまで、新たな借入もクレジットカードの
発行ができないというのが通例です。

しかし、タイトルの通り、信用情報機関に登録されている
情報を疑ってみることも必要だと思います。

以下の記事でも情報の登録は一方的という点などを紹介しています。
クレカ・ローンの審査、落ちた理由つかんでいますか?

例えば、完済済で過払い金の返還請求を行った場合のケース。
このケースではブラックリストになることはありません。
しかし、過払い金の返還請求で、完済済であるにも関わらず
信用情報機関に事故情報として登録されてしまうケースや
専門家に相談した段階であるにも関わらず、事故として
登録されてしまうケースもあります。

氏名が似ている場合なども入力ミスなどもあり、
誤った情報が載せられることがあり、まったくアカの他人で
あるにも関わらず、他の利用者と混同され、
審査に影響することもあります。

信用情報機関に照会して登録します。
とは、審査の前段階で出てくるアナウンス。
しかし、その後はと言えば、まったく連絡もなく、
正しい情報が載せられているかどうか分からないので
気づくことが少ないのですね。

こうした誤った情報で申し込んで審査に落ちた場合、
6カ月間は申込情報が登録されますので、
次に申し込もうと思っても、審査が通らず、
また半年待ちという事態になりかねません。
いわゆる、申込ブラック状態。
何度も、複数の会社に申し込んだことで起きる審査落ちの原因のひとつです。

信用情報機関は金融会社や信販会社の情報を預かっている立場ですので、
不備や誤りがあるとすれば、登録している会社と言えます。
情報ひとつで与信が変わり、引いては必要なローンの申し込みが
できない状態を起こしかねませんので疑ってみること、
そして調査して、不備・誤りを修正する必要が出てきます。

事故情報=5年登録は正しい時期に登録されているのか!

CICやJICC・JBA(KSC)など各信用情報機関では個人で
登録情報を取り寄せ、ネット・スマホ開示にも対応しています。
※各信用情報機関をチェック

住所や氏名などの個人情報は確認できるのですが、
登録情報のどの点に不備・誤りがあるのか、
専門用語が壁になって分かりにくい点もあります。

また、変に修正してしまうと、それこそ審査落ちの原因を拡大させることになります。

どの点を修正すれば良いのか、専門家への相談で修復させることが大事。

特にこれから住宅ローンやクルマのローンなど高額ローンの
利用を考えている方は調べてみると良いでしょう。

理由は先の事故情報の登録期間・5年が果たして正式な起点に
基づいているかという点です。

いつ事故情報を登録しているかいう点で、和解までに平均半年かかるとして
ズレている可能性もあります。

本来なら消えている事故情報が未だに残っているとしたら…
その状態でいくらローンなどに申し込んでも通ることは難しいです。

 

過去に債務整理した方で審査落ちの原因が不明という場合に。
貸付条件に合っているのに審査に通らないのは信用情報に問題があるかもしれません。
過去に利用し債務整理した会社でも同じ。
もし、貸付条件にあてはまっているのに審査落ちが続くなら、登録されている信用情報を確認してみませんか?