病気で退職、就職活動中で破産を回避できた一例。

任意整理は安定した収入がある方を条件にした債務整理です。

弁済できることが条件ですが、今後、就職の見込みや収入が確保できるのであれば十分可能です。

その実例を、ジャパンネット法務事務所の相談者の例から紹介します。
※参照元:ジャパンネット法務事務所「債務さいむドットコム」。
着手金0円!相談料無料なら
ジャパンネット法務事務所

精神的なことが原因による病気のため休職して自宅療養。
その後、退職して身体に負担のないように求職活動をしていたそうです。
しかし、就職は思うようにいかず、勤めていた際に作ったカードローンで日々の生活をつないでいました。
何とかやりくりしていたものの、自転車操業も限界を迎えたのが経緯です。

どれぐらい減額でき、解決できたのか!

32歳・男性(コンピューター関連会社)
借金の総額は300万円

内訳は信販系カード3社・200万円
消費者金融・2社から100万円

消費者金融2社100万円ということは限度額50万円を2社から借りていたことになり、月々の返済額も数万円前後になるはずです。
安定した収入が前提になるのが任意整理なので、本来なら弁済できる見込みがないとみなされ、自己破産を薦めるところも多いのですが、ジャパンネット法務事務所では将来のデメリットを考えて、任意整理での解決を試みています。

結果は
300万円→60万円

不正利得請求こと過払い金の返還により、これだけの借金の減額が可能になりました。

弁済金額は月々5000円で、これを無利息120回払いで完済されました。

収入がないと(少ない場合も)、もう自己破産しかないのでは?
そう思うかもしれませんが、実際は今後、収入の見込みがあれば十分可能なのです。
その後、病気を完治して、仕事に復帰して完済されています。

この男性の場合は貯金などを使って病気療養に専念したこと。
身体に負担のない仕事を選んで仕事をしていたこともあり、収入がまったくゼロではなかったのですが、生活を意維持するためにカードローンを利用したケースですね。

病気を理由に退職し、再度、就職しようとしても、なかなか進まない場合もあります。
このケースはまさにその通りですが、早めに相談したことで良い結果も得られたように思います。

就職活動中であっても自己破産は避けることはできる!

弁済できることが条件の任意整理ですが、それは弁済開始時期でも十分です。
私自身も債務整理した時はバイトでしたが、1~2ヶ月後に就職の見込みがあったため解決できました。

男性の実例では病気療養で仕事復帰も近い状態にあり、年齢の若さも好条件になったかもしれませんね。

自己破産も選択肢のひとつですが、本人の希望次第で交渉してくれるのも専門事務所です。

今回の例はジャパンネット法務事務所の解決例ですが、本人の意向を受け取り、過払い請求で減額、借金の返済を月々5000円で抑えることができたのは、かなり大きい実績です。

任意整理だと、信用情報の復帰も早いでしょうし、今後、大きな買物でローンを組む際もダメージを短期間かつ最小限に抑えることも可能です。

相談者の様々な事情・希望を反映。

■ジャパンネット法務事務所
債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知してからこそできる交渉術。
損をさせない綿密な引き直し計算と妥協のない返還請求が特長です。

相談者の依頼に全力、全国からの依頼に対応した解決例も豊富です。
《ジャパンネット法務事務所》で
失敗しない債務整理しませんか?