通販系キャッシングのほとんどは過去、法定金利超。

ベルーナと言えば、カタログ・ネットショッピングでお馴染みですよね。
このベルーナにも過払い金が発生しているケースがあるのですね。

カタログ・ショッピングのニッセンでも同じことが言えるのですが、同梱チラシの中にキャッシングサービスのチラシが入っているのを見かけたことがないでしょうか。

ベルーナも同じく、ベルーナノーティスという消費者ローンのブランドがあり、過去には法定金利を超える金利を設定していました。

ベルーナノーティスという会社は現在は完全子会社となったサンステージに事業が引き継がれていますが、時効が成立する<完済から10年以内>なら過払い金の返還手続きが可能です。


最強事務所ピックアップ!記憶にないカードほど、過払い金の可能性が高い!

ベルーナの過払い金手続きのポイント。

●長期化することなく、返還手続きが進む傾向がある。
 利息プラスの返還となることも多い。
●法定内への金利変更が利用者毎に異なることもあるので、
 専門家に精査してもらう必要がある。
●裁判・訴訟となることは少ない=返還手続きが短期で完了する可能性も

手続きで注意すべきポイント。

●他と共通して完済後から10年以内の手続きであること。
●通販系のキャッシングは記憶が薄いこともあり、
 完済後から相当の期間が経っていることが多い。
女性向けのキャッシングということもあり、利用者の多くは主婦層が多いと思われます。
ショッピング+キャッシングというビジネスモデルは現在でも一部の通販会社でも提供されており、クレジットカードの発行を行っている会社もあります。
※現在はすべて、法定金利内の設定です。
※契約切替は2006~2007年が多いので、それ以前からの利用の場合は確実に発生しています。

また、食材の宅配+キャッシングなど主婦向けの消費者ローンも過去には数多くあり、そちらでも法定金利を超える金利が設定されていましたので、専門家に相談されてみてはいかがでしょうか。
(例えば、タイヘイ・ファミリー・キャッシング)

※司法書士法人・杉山事務所で紹介されている情報を参照。
返還手続きも、消費者金融の事情に明るい同事務所がおすすめです。


過払い金の請求リミットは完済後10年以内。あなたのカード、該当していませんか?