相談実績5,000件超。債務整理専門・ジャパンネット法務事務所。

過払い金の返還も、債務整理も、同じ方法をとっても差が出ることがあります。

なぜか?

それは経験値から育まれる交渉力にあると思います。

また、債務整理とひとくちに言っても、得意分野があり、ある事務所は過払い金返還に強いとか、また別の事務所では任意整理の経験が豊富とか事務所のカラーもあります。

数ある債務整理に対応する事務所の中でも長年、債務整理に特化し、5,000件超の実績を誇るのがジャパンネット法務事務所です。

ジャパンネット法務事務所が掲げる言葉のひとつに、こんなものも。
《ジャパンネット法務事務所》で
失敗しない債務整理しませんか?

相談する側にとっては心強いですよね。

そこまで力強く言えるのは債務整理という分野に特化してきた経験とスタッフの力にあると思います。

もちろん、他の事務所も独自のシステムと交渉力があり、高い実績を挙げている事務所もありますし、女性スタッフを置いて女性専用の窓口を設けたり、元金融業界のスタッフを置いて交渉力を上げている事務所もあります。

本記事では、そうしたスタッフの力が債務整理にどのように関わり、相談する者にとってメリットがあるのかをジャパンネット法務事務所を例に紹介していきたいと思います。

交渉戦術とフォローに関わるのは、このスタッフ!

元金融業界経験者と債務整理経験者のスタッフの存在です。

内情を知るスタッフがいることで交渉の場面で駆け引きのポイントも分かります。

例えば、あの金融会社は愛社精神が強く、過払い金の返還は強硬に責めてくるとか、あそこは取引形態が特殊でこの点を突けば良いとか、あるいは取引履歴の管理の甘さやどこまで保存されているのか、交渉材料となるポイントがつかめるのですね。

特に債務の確定材料となる取引履歴の開示がキーポイントに。

どこまで出すか、中断時期を含めてか、各社の対応も違ってくることがあります。

金融業界は広いようで、狭い世界。
ヨコのつながりもあり、業界経験者はその強みや情報力を活かせるのですね。

また、債務整理経験者がスタッフに加わっていることも心強いです。

なぜなら、業界経験者の存在が交渉力とするならば、債務整理経験者はその後の生活再建や影響を知る人間ということができます。
同じ痛み、苦しみを抱えてきた人間だから伝えられること、言えることはあるもので、債務整理後の情報を知ることもできますよね。

このスタッフの両輪を活かしているのがジャパンネット法務事務所の強み。
だから、あの高額な返還も実現できたのかもしれません。
事務所選びひとつで人生変わるかも。

数字での実感ですが、借金問題解決へ勇気をもらえると思います。