クレジットカードのキャッシングは金利が高め。

いざという時に便利なクレジットカードでのキャッシング。
一方で、簡単に借りることができるから、ついつい借りてしまう。
金利も高めで、返済額でみると大手の消費者金融の方が安い場合もあるんですよね。

あくまでも付帯サービスなので、キャッシングを利用したいのであれば、専業の会社を利用する方が良いでしょう。

このクレジットカードのキャッシングは二つの形態があります。
ひとつはリボ払い。
消費者金融や信販会社などのカードローンと同じく毎月一定額を支払うタイプです。
もうひとつは次回一括返済のキャッシング機能。
カード会社によって利用日次第で翌々月となることもありますが、使った金額を約定返済日に一括で支払うタイプです。

どちらもお金を借りることには変わりはないのですが、カードローンはローンという言葉がついているように毎月決まった金額を、約定返済日に払うタイプ、キャッシングが次回一括返済のことを指します。

最近はリボ払いのみのものが多いのですが、両方ついているカードもあります。
提携ATMで利用できるので、いつまで気軽に借りることができる。
しかも、いつも財布に入っているものだから、借りている感覚も希薄になることもあります。
別名・プラスティックマネー、気軽さと借金が膨らむリスクの両面をはらんでいます。

クレジットカードのキャッシングも過払いの対象。

月1万円の返済。
リボ払いは毎月定額なので、返済がラクです。

利用実績に応じて自動的に増額融資となることもあり、ハガキ1枚で増額されていることも多々あります。
今は審査をかけて増額となるのですが、以前は他社で借りていても、利用実績に応じて増額融資も簡単になされていたのです。

消費者金融のカードローンと同じく、リボ払いは返済が難しいことがあります。
残高に応じて金利が掛かるために、毎月返済しても元金の充当は月1万円の返済であれば半分強で、利息も相当かかります。

定額は返済がラクだけど、完済までの利用期間が長くなる。
ということは、その分、利息の支払いも多くなる訳で、総返済額は相当な金額になります。

また、過去は利息制限法を超える金利が設定されていましたので、多くのクレジットカードのキャッシングで過払いの対象となっています。