債務整理=借入ができなくなる訳ではない。

債務整理すると、ブラックリストに載り、信用情報機関に情報が載りますよ。

私のサイトを含め、他でもサイトでも紹介されているので周知の通りだと思います。
過払い金の返還以外(元金が残っていない場合)は信用情報機関に「異動情報」が載り、以降5年から7年は新規の借入ができなくなります。

この5年は長い。
どう思われますか?

クレジットカード払いにしているものはどうなるのか、クルマや住宅のローンは? 債務整理した先では二度と利用できないのではと思われるかもしれませんが、実際はそう心配するほどではありません。

それよりも借金の返済が息詰まっているのにそのまま放置することの方が信用情報の悪化を招くことがありますし、いっぱいいっぱいの状態では新規でローンを組むことなんてできませんし、クレジットカードにもまず通らないでしょう。
貸金業法と同時に割賦販売法も収入に準じての契約を結ぶことが厳格化されているからです。

借金問題を解決しないままで
ズルズルと先延ばす方が何もできず、信用も回復しません。

借金の返済でも完済までの目途がついているのなら別です。
逆に返済の目途がなく、先が見通せない状態は
「信用情報の低下」を先に延ばしているだけで
あまり良い方法とは言えないと思います。

信用を取り戻す、再度作り上げるイメージ。

債務整理しても信用情報が回復すれば、また審査基準に合致していれば、新規のローンや借入も可能になります。

債務整理による「キズ」を気にすることよりも、信用を再度、どのようにして作っていくかが今後の借入などの必要な資金計画に結びついてくると思います。
債務整理はゼロからの出発で、まずはリセットしてプラスへと切り替えることができるのが債務整理だと思います。

先のクレジットカード払いもポイントが付くし、後から余裕をもってお金を用意したらよいなどいろいろメリットはありますが、支払いに関しては後か先かの問題だけで支払い自体に変わりはありません。

むしろ、それに固執することで借金の足かせになっていてはムダな出費も増えていきますし、借金を重ねることにもなります。
すべてではないのですが。

必要なものが見えなくなる。
大切なことが後回しになる。
それも借金の怖いところです。

借入を推奨する訳ではないのですが、債務整理=借入ができなくなるイメージは異動情報の登録期間内の限定のもので、無理な返済を続けている方こそ借入ができなくなる期間を長くしているだけです。