借金を抱えていると、妄想しかみえてこない!

想像力って、ちょっと抽象的に思うかもしれませんが、
借金問題の解決は想像力次第でいくらでも変えることができるんです。

例えば、取り立てがくるかもしれないとか、
裁判所から督促が来るかもしれない。

どちらも「しれない」で、実際に起きている訳ではありませんよね。

二度と、ローンを組めなくなるのでは?

これも妄想です。

実際、私自身も債務整理をしましたが、ローンを組めていますし、
クレジットカードを持てるようになりました。
もちろん、二度と無理な返済にならないように
月いくらと決めて利用していますが。

確かにローンなどが組めるまでに時間が掛かりますし、
審査条件に合うことも必須ですが、
借りれなくなることはありません。

また、借りれなくても生活はできますし、
クレジットカードを持っていない人は
私の周りでもかなりの割合でいてます。

以前のようにクレジットカードを
使えるようにしたいと思う限り、
借金問題は前進しないと思います。

借金問題を以前とすれば、それ以上に改善することが
債務整理の効果であり、スマートに使いこなせるように
自分を変えることも大切かもしれませんね。

起きてもいない妄想に縛られ、先の不安に足がすくんでしまう。
事前にいろんな影響や自分に当てはめてみることはとても大切なこと。
私も債務整理をする前にいろいろ調べて行動しました。
ただ、過度になることは避けた方が良いと思います。

借金問題の解決は、今の状態をどうするかの一点。
現実問題の投影と具体的なアクションに尽きると思います。

借金問題って、つまるところ数字の問題です。

※写真はイメージです。

借金問題はリアルの世界、
見方を変えれば、数字の問題とも言えます。
確かに金額が年収を超える段階になると、
なかなか返済できるものではなく、
返済に追われる中で、神経過敏になることさえあります。

でも、数字の問題なので、この金額をどう減らすか、
そのために専門家の力を借りて減らしていこうかと
具体的な策を巡らすことが解決の早道と言えると思います。

例えば、費用のこと。

借金問題でお金が回らないのに、そんなお金出せない!

私自身も経験がありますので、よく分かる話です。

でも、経験で得たことから言えば、
お金が回らないから、お金を使ってでもと言えると思います。

費用が掛かるから、少しでも安い事務所で、そう思いますよね。

ならば、複数の事務所で相談して、自分の思う費用や
分割を提案してくれるところを探すことが
ひとつのアクションになると思いますし、
解決にまた一歩近づいたと言えます。

費用は相談次第で猶予してくれますし、
連絡をマメに入れておけば、
契約解除となることはまずないでしょう。

また、自分が思うよりも、費用は掛からない場合もあります。

費用が高いからというのも、想像の世界。
想像や妄想を巡らすよりも、実際に動いて
積極的に情報を得ることで打開策も見えてくるはずです。


imag1_02
  imag2_02