借金相談は140万円の壁がない弁護士の方が良い!?

※写真はイメージです。

2016年・6月末に最高裁でひとつの判断が示されました。

個別の債権額が140万円を超える場合については裁判外の和解を代理できない。

司法書士が行える債務整理の範囲が争われた裁判での判断なのですが、
司法書士が今まで行えたことも、これからはできなるということ。
より業務の範囲が限定されることで、相談にも少なからず影響は出そうです。

具体的に言うと、借金(個別)で140万円を超える場合は
弁護士でないと相談できないということ。

今まで司法書士が根拠としてきたのは「債務者が得る経済的利益」というもの。

経済的利益と言えば、難しい言葉なのですが、
要は減額や過払い金の返還額が140万円を超えない場合は
できたいうことですね。

弁護士のホームページでは司法書士との比較で
債務の総額と個別の金額で違いを紹介していたところもありましたが、
今回の最高裁の判断で双方の解釈の違いにひとつの判断が出たということになります。

気になるのは、今後の借金問題の相談。
費用は司法書士の方が安いこともあり、
そちらを選ぶケースも多かったと思います。

最高裁の判断を受けて、各司法書士が会員となっている
日司連では通達を出したようです。

進行中の相談・交渉にも影響する?

この点なんですよね。

判断が示されたのは2016年・6月末。
それ以前に相談された方も多いかと思います。

金融会社の方も、信用情報機関などを通じて
相談者こと債務者がどれだけの借金をしているのか
つかんでいると思います。

最高裁の判断を盾に、交渉で強気に出てくるかもしれませんし、
今後は少しずつ影響が出てくることも考えられます。

この判断が出る前でも、代理範囲を超える場合については
司法書士は相談を断ったり、提携している弁護士に
依頼しているところもあります。

それなら、最初から弁護士に相談した方が得策ということもある訳ですね。
しかし、個別で140万円を超える債務は通常のカードローンでは
少数派といっても良く、消費者金融などのカードローンでの
借金相談であれば、司法書士でも対応できると思います。

広告では「代理範囲を超えるものは相談を断るケースもあります」と
明記されていますが、小さい文字で書かれていることも多いので
分かりづらいことも多いです。

ただ、今後はこの「代理範囲」がクローズアップされることになるでしょうし、
相談先を考える上で重要な情報になることは確かです。

それと気になるのは
弁護士は費用が高いのでは?ということ。

確かに高めの傾向ですが、必ずしもすべてではありません。

交渉結果もポイントですし、経験談から付け加えると「人柄」も
大切な決め手にもなります。

費用、事務所の対応、経験値、事例など債務整理の相談で
ポイントとなる情報を比較して、自分に合ったところを
選んでいくための情報取集が大切になりますね。

借金を抱えているものにとっては費用は重要なんですが、
相談範囲が狭まることにならないか、今後の影響が気になるところです。