任意整理でクレジットカードが使えるのは一時的。

任意整理の特徴は整理したい債務を選べること。
この債務は外しておきたいというのができるのですね。

車のローンもそう、保証人が付いている借金も同じです。
また、クレジットカードも残せるのですが、ここで注意したい点があります。

任意整理してもクレジットカードは残したい。
最近、支払いでクレジットカード払いできるものが多くなり、
通販でカード払いを指定しているところもありますよね。

任意整理なら、クレジットカード分を外せるし、
そのまま使うことができるのでは?

そう思う気持ち、よく分かります。
ただ、しばらく使えたとしても、有効期限までの利用になることがあります。
もちろん、会社にもよりますが、途上与信を定期的に行っているところであれば、
任意整理してから、しばらくして使えなくなることも想定されます。

カードローンの例では1カ月の貸付の合計額が5万円を超えた場合で
残高のトータルが10万円の場合は毎月審査、それ以外でも
残高が10万円を超える場合は3カ月に1度の審査と
貸金業法の中で定められています。

クレジットカードの場合はショッピング枠は割賦販売法ですが、
キャッシングは貸金業法の二つの法律が定められています。
割賦販売法も貸金業法とほぼ同時期に改正されていますし、
キャッシング枠が10万円の残高がある場合は
上記の途上与信の対象となりますので、確実に審査されます。

また、クレジットカードには有効期限があります。
利用に問題がなかれば自動的に更新されますが、
この時、更新の判断材料になるのが信用情報機関です。
信用情報機関には他の債務整理の分が情報として登録されることになります。

また、カード会員の利用規約の中に期限の利益喪失に該当する中にも、
信用が著しく低下した場合など債務整理に該当するので、
任意整理後は更新されないケースがほとんどです。

途上与信で債務の状況は常にチェックされている。

更新時まで与信を行わない場合もありますが、先のカードローンのように
途上与信といって、3ヶ月に1度の割合で与信を行っています。

そうなれば、更新時期よりもさらに短い利用期間となることも想定されます。

金融会社とクレジットカード会社は別会社のようにみえますが、
グループ会社や資本提携など様々なアライアンスを通して
つながっていることが多くありますし、信用情報機関への登録は
指定期間で一つ(CIC)ですので、債務整理したことによる
他のカードへの影響も早く伝わる恐れがあります。

つまり、ある会社で任意整理をして、別の会社を残したとしても債務整理した情報が
信用情報機関を通してチェックしているので、更新されない、あるいは会員の
有効期間内であっても、返却を求められることもあります。

ちなみに、利用途中で返却を求められるケースとしては
発行後から半年以内に2回の延滞をした場合で、信用状態の悪化とみなされます。

これと同じように任意整理は信用状態の悪化とみなされるので、
しばらく使えても早々に返却を求められることがあります。


imag1_02
  imag2_02