借金問題は複雑。解決へは法律の専門家が必要。

総量規制が導入されて以降は借り入れも難しくなっています。

以前なら、借りれたのに…。

収入の3分の1までと、貸金業法でも規制されていますので、
収入が上がらない限り、借りることができないというのが現状です。

返済のためには、どこから借りたら良いのか。

何とか逃れる手立てはないのか。

ヤミ金なら多重債務者でも貸してくれるかもしれませんが、
その先に待っているのは法外な利息と返済に追われる毎日です。

逃れる手立てもありますが、住所を変えてもムダです。
第三者であっても住所を調べる方法がありますし(もちろん合法的に)、
住所を隠すことは保険や年金などをはじめとした
公的サービスが受けられなくなります。
第一、勤務先を登録している段階で逃げることは難しいですよね。

時効までの数年、逃れ続けることは至難の業です。

そんな苦労を重ねるよりは債務整理で
借金を整理する方がずっとラクで、
影響も小さくて済むこともあります。

弁護士や司法書士に相談することは他力頼みではなく、
借金問題の解決のために一緒になって行動してくれる
パートナーを探すというイメージもあると思います。

法律の専門家の眼からみて、どんな方法で解決できるのか、
意外な方法や策を提案してくれることもあり、
何しろ借金完済の見通しがつく点で精神的にラクになります。

メール相談で事務所の対応や相性を確かめる。

先生にお願いする。
というよりも、自分に足りない、あるいは持ち得ない法律的な力を借りるという考えでいきましょう。

自分の性格や債務内容、もちろん費用面も
入ってきますが、良きパートナー選びとしての事務所選びの
ポイントも変わってくるはずです。

メール相談はそれを確かめる良い機会になり、
自分の思いに近いところ、要望に合うところで進める。
無料・匿名で相談できるのでコンタクトしやすいと思います。
かつては相談するだけでも大きな壁でしたから。

弁護士や司法書士に相談することは
債務整理以外にそうはないかもしれません。
しかし、その機会は今後の人生においてプラスになります。

今はそう思えないのは、経験者たる私自身よく分かります。
しかし、遠くない機会に債務整理がもたらす効果は
自分の中にしっかり根付くことになるでしょう。

借金問題を解決して、すべて弁済できた時、
心が軽くなると同時に、お金の使い方が
活かし方へと強い意識が芽生えてくるはず、
債務整理経験者のリアルメッセージです!


imag1_02
 imag2_02