まず借金を止めないと始まらない。

任意整理は他の債務整理と比べて、
ペナルティが少ないのがメリットです。
任意整理以降、5年間はクレジットカードが使えない・作れない、
ローンを組めないなどの影響はあるのですが、
裁判所での手続きや時間を考えると、
任意整理で受ける負担や影響は少ないと言えます。

例えば、特定調停。
費用は任意整理と比べると各段に安く済みます。
ただ、自力で裁判所で手続きを取ることが多いのですが、
(債務整理専門の事務所で受け付けてくれますが、
費用は任意整理と変わらないことがあります)
正式に受理されるまで相当の時間を覚悟する必要があります。

この借金や件数では特定調停はできないと
受理されないケースもある訳で、
そうなれば、もう一度、別の方法を考えるとか、
再度、手続きをし直すなど再考も必要になってきます。
特に月々の返済額や収入面で難アリと見られると、
特定調停は受理されないケースがあるようです。

そうなると時間のズレから、催促が始まるし、
借金へのストレスは増してくる訳で避けたいところです。

その点でも、任意整理なら当日、相談して、
その日のうちに返済や催促を止めることも可能で、
煩雑な手続きも必要ありません。

交渉力の優劣が実績からみえてくる。

少しでも借金を減らして月々の返済を減らしたい。
利息制限法違反となっている過払い金を
きっちり返還してもらうにしたい。

有利な条件と言える主なものと言えば、これに尽きますよね。

任意整理に現状として、以前と増して交渉の難易度は上がっています。
これは債務者側よりも、金融会社の懐事情が影響しているようです。

3年で完済してもらいたい!
というのが金融会社の出張。

逆に弁護士・司法書士事務所の側は
少しでも長く期間を延ばして月の返済額を減らしていく。
過払い金の返還や利息のカットも同時に行い、
依頼者の利益を最大化に導きたいところです。

交渉に応じないということは、まずありません。

ただ、その中身が交渉の大きな焦点になる訳ですね。

そんな交渉を行方を左右するのが取引履歴。
この取引履歴がどこまで残っているかが問題となる訳ですが、
大手の消費者金融であれば、10年以上前の
取引であっても、残していますので、
履歴が追えないということはないと思います。
※大手と中小では差があると思いますが、
 信用情報機関では完済から5年分の履歴が
 残っていますでの、そちらでも追うことができます。

特定調停は取引履歴の開示を行うことはなく、
利息制限法で引き直すのが主です。
当然、過払い金がどれだけあるかも分かりませんし、
本来ならもっと減額できたかもということになります。
※特定調停では過払い金の返還は別個。
 借金の引き直しのみとみてください。

交渉が厳しくなっているのは何も任意整理だけではなく、
特定調停でも、個人再生でも同じだと思います。

その中で、将来をにらんで、できるだけ影響を
小さくしようと債務整理の選択をする。
任意整理は手続きや過払い金の返還による減額などをみても、
比較的に借金を完済しやすい方法だと思います。

ポイントはどの事務所で任意整理をするか。
費用<実績重視という見方もでき、
実績のあるところは交渉力があると思います。
特に「返済期間」に注目してみてください。