将来のマネーライフを考えると債務整理も選択肢。

頑張って返済しよう。

多重債務で、当月の返済もお金をあれこれ
かき集めて返済をしていた私は、
最後の最後まで、頑張っていました。

でも、頑張ることはないと思うのですね。

以前なら、貸金業法が改正される前は
他社から借り入れがあっても(件数にもよりますが)、
新規の借入は可能でした。

当時の金利は29.2%。
金融会社によって違いはあるものの、
消費者金融の多くは利息制限法を超える
金利で貸付を行っていました。

貸倒のリスクはあるものの、
その分を高い金利でカバーできる面が
あったのも当時の貸付事情だったと思います。

では、現在はどうか。
カードローンをご利用されている方なら
ご存じの通り、年収の3分の1以上は
借入できない総量規制が導入されています。
法律で過剰な融資は抑制、審査は指定された
信用情報機関から与信をとることも定められています。
なので、多重債務者で、年収3分の1を超える
借入はできず、新規で返済を回していこうという
自転車操業はできにくくなっています。

国が出している目安でも3社は注意レベル、
5社以上となると多重債務で危険レベル。
総量規制の設定も、過去の債務整理者の
ケースやデータを元に弾き出されています。

自転車操業は時間のロス!?

やっぱり、債務整理でローンを組めない、
クレジットカードも使えないのは痛い!

ただ、多重債務に陥っている段階は
与信のポイントも低いので
新規でローンを組めない可能性が高いですし、
割賦販売法が貸金業法と同様に改正され、
年収ベースで厳格化されて以降は
カードの発行も難しく、増してキャッシング枠は
かなりハードルが高くなっています。

ならば、債務整理を決断して、以降の信用の回復を
早めることも一つの対策と言えるかもしれませんね。

私の経験談から、最後まで債務整理を躊躇したのは
●債務整理でどのような影響が出てくるかわからない
●クレジットカードは二度と作れなくなる?
●アルバイトの身では任意整理や特定調停もできない?

この3つでしたが、いずれも取り越し苦労でした。

債務整理の影響は限定的です。
(自己破産の資格制限や財産の処分などは別として)
特に任意整理に限って言えば、以降5年間は
クレジットカードを作ることも、ローンを組むことも
できませんが、5年ないし7年も経てば、
クレジットカードは問題なく作れますし、
ローンを組むことも可能です。

もちろん、その時点の収入や勤続年数など実績によります。

3つ目が大問題だったのですが、任意整理は定期的な
収入が条件になりますが、細かに就業形態まで問われていません。
債務整理以降の月の返済額にもよりますが、
アルバイトでも月の収入と返済のバランスから
妥当であれば、十分可能ですし、金融会社にしても
自己破産で取れないよりは…という事情も働きます。

法律が改正され、カードローンの金利は下がりましたが、
そもそも利息制限法という本来に設定に
切り替わっただけとも言えますよね。
しかも、まだまだ金利は高め。
金利の高さは貸倒のリスク分も考慮されており、
こちらの心情とは別に債務整理の対応はクールなことも多いです。