銀行のカードローンは債務整理で口座凍結される。

カードローンの返済を口座振替にしているケースもあり、
もし、この債務を整理した場合にどうなるのか。
銀行の場合であれば口座凍結の事態になると思います。

銀行のカードローンの場合は
保証会社と銀行の2つの審査があります。
保証会社は利用者が返済不能に陥った場合に、
銀行の依頼を受けて債務の肩代わりをすることになるのですが、
この時に銀行は預金口座を凍結して債務を相殺します。
そして、相殺で残った債務を保証会社が
肩代わりすることになります。

では、口座凍結がいつまで続くのか。

銀行次第となりますが、代位弁済が終われば
凍結が解除される場合もあれば、
凍結が弁済の完了までずっと続く場合もあります。

しかし、口座が凍結されると、生活ができなくなります。

そこで対策としては給与の振込み先を変えることです。
少々面倒になるのですが、債務整理する前に新たな口座を開設して
そこに振り込んでもらうことも必要になり、安全策だと思います。

また、凍結される前に預金を全額引き出しておきます。
銀行側は受任通知を受け取った段階で凍結しますから、
その前、依頼する前の段階で手を打つことが必要になってきます。

クレジットカードなどの支払いも給与の振込み口座と
同じにしていることも多いので、この場合も一時的に
引き落としを止める手続きを行っておきます。
口座振替に関しては事務手続きの関係上、
ストップできる日も決まっていますので、
早めに手続きを行うと良いでしょう。
ちなみに、ある銀行では取引店で手続きを行う場合は
振替日の前営業日までとし、その他では振替日の
約1週間前までとなっています。

※各銀行のホームページで確認することができます。

保証会社が違っても、債務整理の影響は同じ。

先述の通り、銀行のカードローンで延滞した場合などは
保証会社が催促の窓口になります。

この保証会社は銀行カードローンは必ず出てくるもので、
仮審査という形で通過しないといけないものです。

保証会社の審査が受けられること。
これが貸付条件になっていることも多いですよね。

どんな保証会社かで気の回し方も違ってくるのですが、
まったく違うカードローンでも、
保証会社は一緒ということも多くあります。

信販会社や消費者金融がついている場合がほとんどですが、
銀行のカードローンは自行系列のカード会社という場合もあります。
クレジットカードも同時に整理が進むことになるので、
カードローンだけを整理すれば、クレジットカードは
使えるということにはなりません。

また、保証会社が別でも、カード会社は定期・不定期に
信用情報機関を通じて与信調査を行っていますので、
「信用低下」をカードに一括請求の手段をとる場合も
ありますので、カードローン・クレジットカードの
区別なく、まとめて債務整理にかけるのが良策です。

保険代や公共料金などをクレジットカード払いに
していることも多いかと思いますが、
債務整理で契約が切れてきますので、
改めて振込用紙で支払うなどの手続きが必要となります。
ちなみに新たに口座開設した銀行で口座振替は可能です。

ただし、クレジットカード払いで付与されたポイントも
カード会員の付帯であるので、使えなくなる可能性大です。