返済ストップの間に費用が捻出できる!

弁護士あるいは司法書士事務所に相談し、
正式に依頼した場合、まず最初に行われるのが
受任通知の送付です。

受任通知の送付によって借金返済に関わる窓口は
債務者から弁護士・司法書士事務所に移ることになります。
明日に期日が迫っていても、その前の日に受任通知が
届いたならば、返済をする必要はありません。
逆に、一部の業者に「ここだけは払っておこう」と
返済をしてしまうと、公平性の観点から
全体の債務整理に影響が出る恐れがあります。

返済ストップの期間に、返済に充てるお金は
そのまま弁護士・司法書士事務所への費用に
充てることができますから、何か削って
費用を捻出するというようなことはなくなります。
もし、長期の利用で過払い金が発生しているならば、
さらに負担は抑えられるので、ラクになります。

実際に経験したことですが、
任意整理だけでなく、特定調停に関しても
3カ月前後は返済が止まりましたので、
調停以降の弁済費用に充てることができました。

受任通知後は催促も禁止されていますから、
債権者からの電話にビクビクすることもなくなります。
返済を止めて、以降の家計の立て直しを
どう進めるかで落ち着いた中で実行できるのできます。

受任通知から和解までの平均期間は約6カ月。

件数や金融会社にもよりますが、早くて3カ月、
平均では6カ月かかることがあります。

ということは、月々5万円の返済をしていた場合は
約30万円ほどの返済がそのまま費用に充てることも可能です。

他に滞っていた支払いがあるならば、
それに充てることもできますし、
和解後に返済が止まっていた分の支払いが
上乗せされることはありません。
消費者金融などのカードローンだけでなく、
ショッピングのリボ払い・ボーナスの一括払いも、
同じように処理されますので、心配いりません。
和解後は分割して支払うことになり、
一括で払うこともありません。

もし、返済に回すお金もなく、
費用がスライドできない場合は
援助立替制度を利用することもできます。
これは法テラスが実施している制度で、
債務整理費用を立て替えるものです。
この制度を利用できる事務所も数多くありまし、
法テラスから紹介を受けることができます。

ただし、時間が掛かることも多く、
債務整理に実績のある事務所を紹介して
もらえるかどうか不透明ですので
その点は要注意ですね。

後は費用対効果でどれだけお金を残せるか!

力のある事務所はそれなりに費用が掛かる。
これは債務整理の相場だと思います。

いかに実績のある事務所を見つけ出すかが
費用の面で大きく変わってきます。

もうひとつの視点としては
費用は安く済んだけど、
借金は思ったより減らなかった場合と
費用は少し高くついたけど、
借金を大幅に減らすことができた場合の比較です。

この二つ、どのように捉えますか?

費用がどれだけつくかで考え方も変わってきますが、
経験談として借金を大幅に減らしてもらう方が
後々の返済でどれだけラクになるか…。

費用は安いほど助かるのは間違いないのですが、
どれだけ借金が減るのか、ラクになるのか、
その点も十分考慮して選ぶと失敗も少ないです。