無料相談で自分の希望に合った事務所をとことん探す。

債務整理専門事務所の多く、いや、ほとんどの
事務所では無料相談で対応しています。

通常ならば、弁護士への相談ならば30分・5,000円
かかることもあるのですが、債務整理の相談では
無料で受けられるというのが通常です。

無料=メール相談だからということでもなく、
実際に事務所での相談も無料で受けられます。
費用が掛かるのは正式に依頼した場合、
その時点では「この事務所は少し合わないなぁ~」とか、
もっと別の方法で解決したい場合は
他の事務所で相談しても相談に関してはお金は掛かりません。

特に便利なのがメール相談で
24時間受け付けていますし、
事務所によっては夜間にメールを流しておくと、
翌日早々に連絡が入ることになります。
タイミングはまちまちですが、
翌日以降になることは少ないと思います。

もし、レスポンスが遅ければ、
別の事務所に当たってみると良いかもしれませんね。

メール相談の内容次第で、話も進みやすい。

具体的に言えば、借金の額を1円単位まで
正確に伝える必要はありません。
もちろん、アバウトな数字はNGですが、
1~2万円ぐらいの誤差であっても大丈夫です。
(私の経験では数万円の差で出したのですが、
後々の調停で正確な金額で処理されます)

正確な金額は正式に依頼して、その後の取引履歴の確認で
分かることですから、正確さにこだわることはありません。

●どこから借りているのか
●おおよそどれぐらいの借金で、いくら返済しているのか
●催促が来ている状況のか、延滞は?

などを伝えるだけで、事務所側も
大体の借金の状況と最適な方法を
探ることができますから、
さらに付け加えるならば、収入や債務整理に
加えることはできないけれど、払う必要があるお金、
例えば税金や年金・保険料の支払いなどの金額を
まとめておくと良いでしょう。

メール相談では借金の金額・社名と返済状況だけで十分です。

正確な情報を出すことに時間を掛けるのではなく、
次の返済が来る前に手を打つ、また催促がきている状況なら
いち早く代理人こと弁護士・司法書士を間に立てて
債務整理を進めるのがベストです。