整理する債務を選択できる任意整理の注意点。

任意整理の特長は債務整理の対象を選べることです。
住宅ローンや教育ローンはそのまま払い続けるとして
カードローンの返済を任意整理するとか、
保証人がついている債務は対象から外すとか、
相談者の都合や希望に合わせて整理することができます。
(特定調停でも可能です)

私の場合は特定調停で、債務整理する対象を選ぶことも
可能でしたが、すべての債務を対象にしました。
借金をすべてテーブルに置き、すっきり完済する!
という目標を立てたのですね。

思うような減額とはならなかったものの、
すべての債務を対象にしたことで
完済後の生活はラクになりました。

もし、どれか一つ二つでも整理すべき借金を外していれば、
恐らくですが、一括返済を求めてくる可能性もあったでしょうし、
利息制限法で引き直せないまま、高い利息で
借金に苦しんでいたかもしれません。

あの会社はキツイ時にも貸してくれたしなぁ。
また、あそこは審査も甘いし、今後に残しておいても良いかな。

経験談ですが、債務を残しておけば、
新たな借金苦に陥ることがあります。
どこかに、まだ借りたい、利用したい気持ちがあると
借金生活は抜け出すのは困難です。
一時期にラクになっても、
根本的な借金問題の解決につながらないと思います。

相談時にすべての債務を対象にして進める。

保証人がついているとか、
住宅ローンを払い続けるとか、
今後の生活や保証人への影響などを考えて
任意整理の対象から外すこともできますが、
相談時にすべての債務を対象に
話を進めることがポイントだと思います。

その上で、専門家の話を聞き、これは外すとか、
これは任意整理の対象にするとか、
アドバイスなどを受けながら、進めるのがベストです。

借金をすべて完済する。
借金返済に追われない生活を実現する。

その決意の中では「今後の利用のために」とか、
甘い考えを捨てて、借金完済に全力を注ぐのが一番です。

借金を残しておいても、今後も同じように利用できるとは限りません。
貸金業法が改正され、返済能力のない人間に
貸してはいけないというのが現行の法律ですから。

ということは、あの会社は利用し続けたいといっても、
どこかの段階で切られる=利用可能残高ゼロか、
信用状態の悪化を理由に一括返済、あるいは分割返済を
求められる可能性も高くなります。

結局は利用できない訳で、初めから任意整理で
利息をカットして返済を進める方が得策な場合もあります。

カードローンは高金利で返済の足を引っ張りやすいものです。
20%近い金利も、まだまだ高い水準です。

借金の返済で苦しまない生活を実現しようと思うなら、
債務のすべてを対象にして、スッキリさせる方が
完済も早いですし、その後にローンを組むという
段階になっても、信用情報の回復が早いと思います。