あなたの街にもあるはずです。多重債務相談の窓口。

dsc01343
写真のパンフレットはある
銀行のATMコーナーに置いてあったものです。
右上に金融庁を明記されていますが、
相談窓口は公的機関や弁護士・司法書士会など
多岐にわたります。

一般の方に向けて
●近畿財務局
●大阪府再チャレンジ支援プラザ
●法テラス・サポートダイヤル
●法テラス大阪
●消費者ホットライン
●大阪弁護士会総合法律相談センター
●大阪司法書士会

事業者向けとしては
●日本弁護士連合会ひまわり中小企業センター
●法テラス大阪
●大阪弁護士会総合法律センター
●大阪司法書士会

大阪地区にお住まいの方を対象にしたものですが、
身近に借金問題を相談できるところが多いことが分かります。

大阪再チャレンジ支援プラザは大阪独自のものですが、
その他は名称や仕組みが若干違えど、各地にも
似たようなものがあると思います。

相談窓口ですので、具体的な依頼となると
そこから最適な司法書士や弁護士事務所を
紹介してもらったりということになると思いますが、
解決策を見いだせる点では一歩を踏み出せそうですね。

パンフに明記されているのですが、
きちんとした手続きをとれば、
「必ず多重債務問題は解決できる」と。

ほんと、そう思いますね。

多重債務の方をターゲットにした詐欺も多く、
「きちんとした手続き」をクローズアップしている点にも
問題が深刻化、増えている一面もみえてきます。

多重債務者に忍び寄る詐欺の一例。

金融庁のパンフでは090金融と年金担保融資による
ヤミ金の一例が紹介されていました。

詳細な事例は掲載されていませんが、
巧妙な手口で違法に貸し付けるヤミ金が
増えている実態があるのかもしれませんね。
だから、パンフで告知している訳ですが。

先の二つとも、ヤミ金です。

しかし、切羽詰まった中で、返済に追われている中では
「どうしても」「何とかしないと」と焦りや恐怖感もあります。
ただし、ヤミ金を利用すると、なかなか返済できるものではありません。
(そもそも完済できない仕組みになっていますが)

返済を新たな借入で完済することはできません。

弁護士や司法書士などの専門家や相談窓口を通じて
借金問題を前進させましょう。

あなたの身近に、気軽に相談できるところが数多くありますから。