複利で借金が膨らむ高い金利のカードローン。

貸金業法の改正で消費者金利のカードローンは
法定金利内で貸し付けています。

それ以前、みなし弁済の規定で出資法の上限金利での
貸付が可能だった時と比べれば、随分、低くなっています。

でも、それは「正常」な状態になったともいえると思います。
また、やっと法律の範囲に収まったと言えるかもしれませんね。

以前も利息制限法があったものの、
みなし弁済という別の規定で
出資法の上限金利での貸し付けもOK。

「借りる」に関わる法律が業態によって変わる
一種のバラバラ状態にあったと言えます。

法定金利を超える利息は任意なのに、
実際はそれを返済しなければ一括返済となる。
少し矛盾していますよね。
(最高裁の判断はそこを突いた訳ですが)
任意とかけ離れていたのですが、
実際はこれを飲まないと借りれなかったのが
かつてのカードローンだと思います。

では、今のカードローンは利用しやすい?

確かに、かつてなら10万円借りた場合も
出資法の上限金利29.2%での貸付もありましたので、
年利18%(金融会社にもよります)の現状と比べれば
10%近く下がっています。
しかし、まだまだ高いのが現状です。

よく低利のカードローンと言われ、表示されている金利に
数パーセント台というものもあります。
ただ、この低利で借りられるのは、ほんのひと握りの人です。
通常は上限金利か、それに近い金利であるのがほとんどです。

金利は下がったものの、預入金利と比べれば、かなり高い。
比較対象にならないかもしれませんが、金利の比較は
お金を借りる上ではとても重要なことです。

利息が利息を呼ぶ構造。
これは法律が変わっても、変わることのないものです。
だから、金利と利息がどれぐらいになるのかよく確認すること。
いくら借りれるかではなく、いくなら返済できるかを
把握することが借金問題に発展しない借入になると思います。

「ご利用は計画的に」の言葉にみえるもの。

カードローンの金利の高さは貸倒の分が想定されています。
貸倒率を勘案しての金利がそこにあり、
裏を返せば、完済までに時間が掛かる、なかなか完済できない
仕組みになっていることを象徴する言葉と言えます。

借りるなら、計画的な返済は当たり前。

意地悪な見方かもしれませんが、
これを強調すること自体、よほど綿密な計画を
立てないと返せないものなのかと思ってしまいます。

「ご利用は計画的に」という表示は法律でも決められており、
どのようなメディアでも表記されています。

カードローンはある種、数ある借入の中でも特別な存在です。

審査はありますが、身分証明書を提示すれば
即日に融資を受けられる訳ですからね。

最初の30日間は無利息でキャッシングできるという
カードローンも大手の消費者金融を中心に増えてきました。
与信ポイントの高い方では表示されている金利よりも
低い金利で優遇されることもあります。

それでも10%を切ることは、まずありません。

使い道自由で、即日の融資も可能で、
利用限度額なら何度でも借入できる、
また身分証明書があれば借入可能。

この便利さを金利で受け取っているということもできます。

複利で利息が増える仕組み。
リボ払いが基本のカードローンは
完済が難しい一面も潜んでいます。

今、利用されているカードローンの金利や月々の返済はどれぐいですか。

もし、その金額を把握できないのであれば、完済は難しいです。
逆にその金額を把握し、どのぐらいで完済できるのか
目途が分かっている状態はお金をコントロールしている、
カードローンを使いこなしていると言えるでしょう。

返済に追われている状態は、ある意味、
高金利に含まれる貸倒を想定した範囲に
含まれているのかもしれません。