クレジットカードの所有権は自分にはない!

最近のニュースでご存じの方も多いかと思いますが、
鍵の番号とメーカーで合鍵が簡単に作れること。
実際に起きた犯罪例ですが、番号とメーカーがあれば
ネット上で合鍵は簡単に作れて、郵送してくれます。

本人確認を厳格にしているものの、なりすましの
ケースもある訳で、「完全」なセキュリティは
ないと言っても良いでしょう。

一番のセキュリティは鍵の番号やメーカーを知られないこと。
番号の部分を隠せるシールも販売されていますし、
「鍵の番号は自宅のパスワード」だという認識を
もって保管を厳重にすることが大切だと思います。

そんなパスワードや番号の管理でトラブルが多い
もののひとつにクレジットカードがあります。

クレジットカードも番号と有効期限、名義人、
セキュリティコードが1枚で分かるようになっているので
この保管も厳重にしたいところですし、
カードがなくても先の情報が分かれば
簡単に利用されていまいます。

では、情報の貸与を含めて
友人にクレジットカードを貸した場合、
支払い義務は誰にあるのか?

これはクレジットカードの会員にあります。

例えば、3万円の範囲なら使っていいよと友人に貸したとします。
(親族関係の場合でも)
実際に5万円利用された場合の超過2万円分に関して
自分には支払い義務がないということにはなりません。

会員規約に明記されていますが、
クレジットカードを利用できるのは会員のみです。
会員に信用を付与した形でカードという形で貸与されています。

クレジットカードの所有者は会員にはなく、カード会社にありあす。

これも見落としがちなのですが、決して自分のものではありません。
先の通り、貸与されているだけなのです。

どのような理由であっても、会員に支払い義務があり、
友人などに貸したのであれば、その請求は友人にしかできませんし、
これをカード会社に言うのは「話が違う」「利用規約違反」となります。

利用店舗が不正を見逃した場合。

このケースは利用店舗が注意義務を
怠ったとして支払いを拒むこともできます。
例えば、署名を確認が不十分だったりなどがありますが、
ネットではサインは不要なので、セキュリティコードなどが揃えば、
簡単に決済できますし、なかなか注意義務を
怠ったとは言えないこともあります。
そもそも、カードを貸した本人が悪いというのが前提です。

先の通り、クレジットカードの所有権は会員にはなく、
利用限度額などの信用をカードという形で
貸与されているに過ぎません。

友人に貸さないこと、これが前提。

誰に貸しても、支払い義務は名義人にあります。

ただし、紛失や盗難によるトラブルは別です。

この場合はいち早くカード会社に連絡をしておきましょう。
また、請求書で身に覚えのない利用があった場合も、
時間を置かずに連絡を入れることをおすすめします。

実際、私もクレジットカードを利用しているのですが、
仮と本確定の2段階で利用額を確認できますので、
どこかおかしいと感じたら、即確認、連絡です。

また、カード会社によって内容は違いますが、
盗難補償などを有料で付加できることがありますので
利用しても良いかもしれませんね。

合鍵の問題は日々、大きくクローズアップされていますが、
クレジットカードの保管も同じことが言えます。
ネットでいろいろ利用できるに従い、番号の保管の
重要性が増していますが、パスワードと同じように
他人に探られないように、保管が厳重にすることが一番です。