Point.1 弁護士はどんなケースでも代理人になれる。

弁護士と司法書士の違いは代理権の有無です。
弁護士の場合は代理人という形で本人に代わって裁判の申し立てを行うことができますが、
司法書士の場合は書類作成の「代理人」というスタンスになります。
また、1社140万円以内の制限があるという点も違いです。
※この取り扱いについては裁判で争われたこともありましたが、
現在のところ1社140万円以内なら司法書士でも可能とされ、
簡易裁判所での手続きとなる特定調停でも1社計算です。

法律改正で示談交渉権や簡易裁判所代理権が司法書士に認められたことで、
現在の司法書士でも債務整理は可能
となっていますが、
これが地方裁判所での訴訟となると司法書士は代理権がありませんので、
手続きの面で弁護士の方が有利となります。
※司法書士も書類作成だけでなく、破産手続きの尋問に出席することはできます。
ただし、弁護士のように本人に代わって尋問を受けることはできませんので、これも両者の違いです。

総じて、1社あたり、ないし総債務額が少ない場合は司法書士で、
逆に債務が多い場合や地裁での民事事件となると、弁護士に依頼するのが良いでしょう。
裁判でないと解決できないというのは、初期の相談時で
金融会社の社名をみれば分かることで、そこに事務所選びのポイントもあります。

Point2. 対応力の広さで有利なのは法律(弁護士)事務所。

任意整理の注意点としては自己破産や民事再生と同様にブラックリストにのる、
自己破産や民事再生に比較して借金減額幅が少ない、債権者側は任意整理に応じる義務はないことです。
あくまで裁判所を通さない弁護士を通した当事者同士の交渉なので強制力が働かないのです。
ゆえに交渉力のあるところがポイントになり、裁判手続きなど
あらゆる交渉カードを切れる弁護士は強みがあるのです。

つまり守備範囲の広さで弁護士は利があり、債務額の大きい任意整理に関しても
何ら制限を受けることはありません。

なお任意整理に適した方のポイントとして、
借入(利用)期間が長い。
●3年間で借金を返済できる。
●継続して収入の見込みがある。
●一部の業者を除外して債務を整理したい。
●官報に記載されたくない
●第三者や家族に知られたくない等
が挙げられます。
この面では司法書士に相談しても変わりはありません。

Ponit.3 費用対効果で選ぶ。

また、業者ごとに交渉しなければならないため、1社あたりの料金 x 業者の数分かかります。
そのため、最も借金額の大きい業者のみを対象に任意整理をすることで、
借金返済にまつわる負担を軽くすることが多くなっています。

自己破産の同時廃止では2万円前後で済むことがあるので
弁護士での任意整理は高くつくように感じます。
しかし、ポイントをその後の生活再建まで広げてみましょう。
先頭で紹介した自己破産や民事再生は官報に載ることになります。
債務整理後も、また弁済が終わっても、お金との付き合いは続く訳で影響を
最低限に抑えることはとても重要になります。

債務整理で費用面は大事ですが、どれだけ借金が減り、
生活再建ができるかも重要だと思います。

高い交渉力で多少費用が掛かるとしても、
その先の影響は
失うデメリットはお金に替えられない面もあります。
交渉力の高さと守備範囲の広さに加えて、費用の分割対応できる法律事務所が
多くなっていますので、この点も選択肢に抑えておくと良いと思います。