債務整理中、勝手に業者と連絡を取らないこと。

債務整理中の催促や取り立てはあるの?

そんな疑問や不安、よく分かります。

結論から言うと、取り立てはないと言って良いでしょう。

私自身は特定調停という方法を取り、受任通知が届いたと
思われる時期に1社ほど自宅への訪問がありましたが、
当然、違法です。

取り立てはないと言っても、任意整理の場合、
「任意」という形で債務を外すことも、選択することも
できる訳ですから、催促や個々の和解を求めてくるかもしれません。
そのため、任意整理では債務のすべてを相談の場に置くこと、
保証人がついてる場合など整理対象から外すかどうか、
弁護士や司法書士との相談やアドバイスを受けると良いと思います。

特定調停という形で裁判所に借金の整理を委ねた訳ですから
それ以外で個人で和解することは他の債権者との公平性を欠き、
全体の債務整理に影響が出るからです。

うちの会社も、うちも…と出てくるかもしれませんしね。

当時は個人経営の金融会社が多く、実際、利用していましたので
取り立てがくるかもしれないという不安もありました。
先の1社以外にも消費者金融から入金されていない旨の
連絡を受けたことがあったのですが、特定調停を行っていることを
伝えることで、あっさりと引き下がりました。

今は取り立てに関して厳しい処罰が科されることもあり、
そんな下手なことはしないと思います。
逆に違法な取り立てや脅迫めいたことを言うのであれば、
脅迫罪で訴えることもできますからね。

連絡が来たからと言っても、取り合わないこと。
また、交渉しないことです。

これは任意整理でも言えることです。

任意整理で和解を進めているのに、手続き外のところで
別に和解を進めるのは辞任こと、任意整理自体が
できないことになりますから、注意したいところです。

債務整理中も随時、相談できる。

債務整理専門の事務所では初期の相談に加えて、
債務整理中においても、無料で相談できます。
初回の相談でも話があるかと思いますが、
こちら側でも、何度も相談できるのか、
取り立てに関する対応も確認しておくと良いでしょう。

もし、任意整理を進めている中でも取り立てや
執拗な連絡や催促があるようなら、即、
依頼している事務所に報告してください。

内容次第では行政処分を求めたり、
刑事告訴の扱いにすることもできます。

債務整理は相談・受任後、即、解決できるものではありません。

取引履歴を取り寄せるだけでも時間は必要ですし、
精査することで正確な減額や過払い金を算定できますから。

債権者の件数にもよりますが、任意整理では
和解までに早くても2~3カ月ぐらいになると思います。
その間は長く感じられますし、いつ来るか分からない
取り立てや催促に不安も抱えてしまいがちですが、
連絡を取らないこと、応じないこと、
連絡があったことを事務所に伝えることで
逆に和解を有利に進める要素になるかもしれません。