大切な時間を借金問題でロスしていませんか?

足掛け13年。

この数字は初めて借金をした年から
債務整理で完済した年までの年月です。

この年月の間にはいくつもの借金の完済の手立ても
あったかもしれませんが、自力で返済しようという
気持ちが強く、自転車操業から債務整理の決断まで
長く時間が掛かりました。

債務整理することで、借金返済に費やした金銭的なロスは
取り戻せるのですが、返ってこないのは借金問題で
悩んでいた日々や苦労に費やした時間は取り戻すことはできません。

債務整理はデメリットが気になるところですが、
どこで解決できるのだろうか、何が必要になるのか、
金融会社からの嫌がらせ、家族への影響、
会社などにバレないかの不安などひとつではなく、
いくつものことが重なって足が重くなることもあります。

しかし、実際に債務整理した人間した身から言うと、
上記のことはどれも当てはまることはなく、
必要な書類を揃えることなく、例えば、
ひとつひとつ契約書を揃えることも含めて
ほとんど身ひとつで裁判所に申し立てました。

想像するよりも、借金問題は簡単に解決できる!?

思い悩む時間を少しでも短く、
債務整理で解決する道を選ぶ方が良いと思います。

一生ローンが組めない訳でもなく、
就職や転職に影響することなく、
それよりも完済の目途が立たない中での
苦労や忍耐の時間はもったいないと思います。

借金を返えせなかった後ろめたさや、一種の良心も
働いたことが私自身、働いていたのですが、
まったく思うことはないかもしれませんね。

状況は変化するのですから、それに応じて
契約の見直しや法律の範囲内で債務を解決しようというのは
正当な権利でもあり、息詰まった時こそ活用すべきかもしれません。

債務整理に関する様々な情報がネットで検索できるようになり、
取集も検討も比較も簡単できるようになっています。
その点でみても選択しやすい環境もあると言えそうですね。
もちろん、情報が多い分、迷うことも多いこともありますが。

来月の返済を他に回すことができたらと思うことありませんか?
もっと、返済に費やす時間や労力を別に使えたらと思いませんか?

そう思うなら、債務整理を視野に置いて行動してみましょう。
あなたが思うほど、借金問題はラクに、早く解決できることがあります。