自転車操業で新たな借入はできなくなっている。

消費者金融の利用の流れは一種のピラミッド構造もありました。
先ず大手の消費者金融で借り入れる。次は中堅の会社、その次は個人経営の会社へと。

今でこそ、消費者金融の広告数は減りましたが、新聞折り込みで連合広告があり、スポーツ新聞の広告欄でも見かけます。
街中でも、看板でも目にしますからね。

金利が出資法の上限金利で貸付できたから、「ちょっと、厳しいなぁ」とリスクのある場合でも貸せたという事情もあります。

総量規制が導入されて以降、消費者金融の数はめっきり減りました。
私が住む大阪でも京橋や十三などは消費者金融だらけと思うよな乱立ぶりでしたが、もう過去の話です。

借入で何とか返済を回せていたのにという方にとって厳しい状況ですが、新たな借入を探すパターン、自転車操業はもう難しくなっています。

債務整理は最終手段ではなく、最良の解決手段。

債務整理は一種のピリオドのような印象を持っていませんか?

もう、クレジットカードも使えなくなるし、取り立てが来るかもしれないと思うかもしれません。

実際、債務整理をしたことで取り立てがくることはありません。
もし、取り立てが来るようなことがあれば法律違反です。

時間の経過とともに信用情報は回復しますし、クレジットカードも作れるようになります。

怖いのは見通しのきかない返済。
自転車操業の場合でローンを組もうと思っても信用情報は悪化していますし、返済が長引くことで精神的負担も大きいです。

返済で最悪の事態を考えることはありません。
債務整理という法律の手段を使えば、将来の展望が開けることがありますし、何より借金が減り、完済がみえる状態は身も心も軽く思えるようになるでしょう。

決して、債務整理を薦めることはありません。
取引状態によって自力完済できるし、それぞれの事情もありますから。
ただ、債務整理による影響は思っているほど大きくなく、悪い方向への想像が足かせになっています。