1社基本報酬・2万円は業界低水準!

ホームページにどんと目に飛び込んでくる
親切・丁寧・低価格の文字。
着手金は0円、基本報酬は2万円で、
減額報酬として10%かかる仕組みを
とっているのが新大阪法務司法書士事務所です。

担当される司法書士の方の顔写真も掲載され、
親しみやすさを前面に出した紹介ですね。
相談しやすいということも債務整理では大事なことなので、
この点もポイントになりますし、
新大阪という交通に便利なところに事務所があることも
メリットがあると思います。

過払い金報酬は20%で、こちらは平均的な数字ですが、
着目点は基本報酬2万円と減額報酬10%ですので、
例えば5社・200万円の借金があった場合の計算例は…

基本報酬は5社×2万円=10万円
200万円→150万円に減額できたとして
50万円×10%で5万円、トータルの費用は15万円となります。

過払い金が返還された場合は50万円×20%の10万円を
差し引かれた額が戻ることになります。

※計算例はホームページ記載の数字によるもの。
※実際の費用は契約内容が減額・過払い金の返還状況により変わります。
※事務手数料の有無も要確認です。

司法書士の債務費用の仕組みは2つのタイプがある。

基本報酬は低く抑えて、減額報酬という結果で費用が計算する。
あるいは減額報酬はとらないけれど、基本報酬で費用をいただく。

司法書士での任意整理にかかる費用は大別して2つに分かれてきます。

新大阪司法書士事務所は前者の方、
結果で費用をいただくというタイプですね。

どれだけ減額できるかわからない点に
費用のトータルも見えにくいのですが、
100万円減額されたとして10万円、
差し引きの債務や和解後の月々の返済額で
みると良いかもしれませんね。

最終的には費用対効果、得られる経済的利益こと
「どれだけ費用を抑えて、借金が減らせるか」ということに尽きます。

解決事例をホームページの上位で紹介されている点に
新大阪司法書士事務所の減額交渉=実力もみえてくるので
ひとつの参考になると思います。