利用可能額を使うことも借金をしているのと同じ。

カードローンの返済方法で多く採用されているのがリボルビング払いです。

口座振替のみや元加方式を採用しているものがありますが、主だったカードローンの多くはリボルビング払いで、月々決まった返済額で利用できるのでほんと便利です。

このカードローンのリボ払いは定額の返済で提携のATMなどで返済も、利用限度額の範囲内であれば借入もでき、個々に契約を結ぶ手間もありません。

つまり、こんな見方もできますよね。

利用限度額の範囲内であれば、自由に、ATMで利用できますよ、と。

実際、消費者金融会社の担当者も「返済のみの利用ですが、ATMで利用できますよ」ということがあります。

それは、借金を薦めているようなもの。

確かに利用限度額があるものの、約定返済額の関係から返済も多くなることがあり、完済までどれだけ掛かるか分かりません。

ATMで使えるといっても、自分の預金ではなく、借金。
プラチナカードの怖さこと、自分の財布と錯覚してしまうところにも、カードローンの怖さがあります。

リボ払いの返済は元金充当分をチェック!

借金が返済しにくい、息詰まる原因のひとつは利息です。
法定金利に切り替わったといっても、10万円借りても18%ですよね。
以前と比べれば低いけど、それは金利があまりにも高かっただけ、まだまだ金利は高い水準なので、利息の支払は返済に重い足かせとなるかもしれません。

カードローンと同じように、クレジットカードのリボ払いも返済リスクをはらんでいます。
月々5,000円の定額でも、数百円の手数料が掛かってくる。
カード会社によって異なるものの、リボ払いを選択すると買い物ごとにリボ払いに含まれるので、なかなか残高が減らないというケースにもなります。

また、定額の返済という中には利息の他に、元金の返済分も含まれています。

返済の目安となるのは元金の返済。
元金の返済がいくらできているかが、真に返済できているということになります。
言わば、利息だとカードローンの利用料だけを支払っているようなものです。

利息をどれだけ払っているのか、手数料はいくらかかっているのか、完済までどれだけの金額を払うのかを確認されることをおすすめします。