通信料金も、カードローンと同様に債務整理できます!

スマホや携帯料金は通信料金もけっこう掛かるのですが、今は通信料金との合算でショッピングが利用できますし、一部のネットサービスでも可能になっています。

ある大手の通信会社のケースですが、通信料金との合算で利用できる枠が7万円。
利用期間や実績に応じて増枠されることもありますし、任意の設定も可能となっています。

月はじめに利用した場合、翌月の支払いで良いのでクレジットカード並みの機能で、使い過ぎないようにしたいところです。

では、こうした通信料金もカードローンと同じく債務整理できる?

答えは可能です。

月末の支払い日に引き落としが不能になると、再度引き落としの通知があり、また、返済が遅れると、振込用紙で通知がくる。
それも返済できないとなると、期間を区切って、次は支払督促のカードを切ってきます。
金額の多少にかかわらずです。
簡易裁判所にて給与の差押などが可能になる強制執行ができる督促を送付してくる訳ですね。

支払督促が届く時点も、弁護士あるいは司法書士への相談も可能で、解決できます。

通信会社にもよりますが、交渉次第で期間をきって返済することは可能です。

最近は機種代金も高額なので通信料金+機種代金の支払いとなっていることも多いのですが、こちらの場合も任意整理で月々の弁済に切り替えることも可能です。
この点で気をつけたいのは機種代金はクレジット契約であり、ブラックリストに載ることです。

他の債務の整理と同様に、大事なのは確実に弁済できる金額で交渉してもらうことで弁護士などを通じて解決することが可能です。

<銀行引き落とし・振り込みの場合>
通信会社との直接交渉となります。
機種代金はクレジット契約の一種ですが、これも合わせて債務整理することができます。
別個で整理できないので注意が必要です。

<クレジットカード払いにしている場合>
こちらはクレジット会社との交渉となります。
機種代金をカード支払いにしている場合は支払い先のカード会社との交渉することになります。

債務整理後の携帯電話・スマホは?

一番気になるところですよね。

任意整理で通信料金を外せば、以降も問題なく利用できます。
もし、通信料金を債務整理に含めると、使っている通信会社の契約番号は使えなくなりますし、別の会社でも新規契約は難しいことも想定されます。

<債務整理後の経験談>
携帯料金を外して、債務整理(特定調停)したのですが、問題なく利用できましたし、機種変更もできました。
通信料金は料金も少額なことも多いので、整理対象から外すのがベストですね。

<自己破産・個人再生の場合>
任意整理と違って、債権者平等の原則から、例え1万円残っていても借金とみなされます。
そうなると、債務整理の対象となり、以降、契約は解約となります。