過怠破産の「度が過ぎる」範囲・中身とは?

過怠破産を簡単に英場、自己責任の割合が大きい債務のこと。

でも、自己責任って、どの程度か曖昧で分かりにくいですよね。
自己破産の手続きの中でも、免責が下りるか、下りないかは“度が過ぎる”自己責任の割合の大きい債務で判断が出るようです。

なかでも、免責不許可の理由になるのはギャンブルや過大な投資による債務。

ギャンブルでの借金なんて、自己破産は難しい…と思われがちですが、ほとんどの場合は免責が下りています。
投資にしても「過大」などの言葉があるので、よほどの場合でない限り、免責が出るようで、度が過ぎるをどのように判断されるのか、同じギャンブルや投資による借金でも経緯などで違ってきますし、個々の裁判所の判断によっても左右されることがあります。

例えば、ギャンブルによって生活費に充てるお金が乏しくなり、借金を繰り返していた場合は免責が下りる可能性が高いです。
ギャンブルが理由であるけれども、それによって生活が困窮して返済不能になったという見方もできる訳ですね(そうみられるかは債務の経緯や金額などで変わってきます)。

もちろん、この例がすべて当てはまる訳でもなく、本人の反省や家族の協力なども加味されることがあります。

特定調停でもそうですが、裁判所は公平な観点が基本ですから、債権者たる金融会社に一方的に不利となる判断はしません。
不利益になるようであれば、免責不許可となることがあり、その場合は自己破産以外の選択肢を考えることになります。

免責不許可の事由にギャンブルや投資を挙げましたが、クレジットカードの現金化や、返済できないと自覚しながらの借金なども不許可となることがあります。

経験した中で言えば、クレジットカードのショッピング枠を利用して換金性の高い商品を購入して、返済に充てたとします。
これはクレジットカードの規約に違反しますし、詐欺行為にあたる可能性があり、裁判所も指摘するはずです。
(クレジットカード会社もこのような使い方に監視を強め、注意喚起をしています)

返済をクレカのショッピング枠で返していませんか?

クレジットカードの現金化は詐欺行為に当たる場合も。
裁判所でも指摘する行為です。