約定返済額は払えないけれど利息だけなら…

以前であれば、利息払いも可能でした。
約定返済額は元金+利息で成り立っており、利息は金融会社にとっては営業利益になるので、何ら損をすることもないので、OKな場合もあったのです。

金融会社からみれば元金を減らさず、利息だけ得られればオイシイ話でもあるのです。

ただし、今は無理だと思います。
店頭での貸し付けであれば、来月に元金を揃えて払うからと利息だけ払って急場をしのぐこともできたのですが、対面からシステム化している流れの中では利息と元金の約定金額をセットで返済することが契約の決まり事になっていますから、
利息だけでいいよ!という会社はまずないと思います。

返済が厳しい中では柔軟に対応してくれるところも。

延滞が続くと、催促の電話が掛かってきます。
催促の内容も強制・脅迫的なものはまずなく、「いつ返済が可能なのか約束を取りつける」ことを基本に催促しているそうです。

大手の消費者金融であれば、カスタマーセンターがあり、24時間対応しています(夜間は音声電話対応)。

金融会社に勤めている友人から聞いた話ですが、遅れるよりも、連絡しない方がダメで、その後の対応も変わってくるとのことでした。

「しんどい時もあるでしょうし、ムリなことを言うつもりもないけど、
遅れたことをそのままにして、何の連絡がないこと自体、問題やね」

今は貸金業法の中で高圧的な態度をとることは少ないですし、増して脅迫まがいなことを言ったり、行動をとると会社自体がつぶれることになるので、まずないでしょう。

大手消費者金融の例で言えば、様々なカスタマー対応をとっています。
ある会社では“うっかり忘れ”のような短期延滞者であれば連絡を入れないという場合や、中長期の延滞者は営業店単位でサポートする体制を敷いています。

延滞=即、規約に違反したから、全額返済しろ!とは言いません。
延滞の状態なのに連絡が取れない場合や属性(申し込み内容)をみて個々に判断する体制もとっています。

また、カスタマーセンターに相談してくる顧客に対してはフォローが厚い場合もあります。
そこには優良顧客を少しでも増やしたいし、育てたいというのが本音も。

金融会社が厳しい対応(支払督促など)をとるのは利用している側の対応・態度も大きく関係しています。
これは債務整理になっても、響いてくると思います。
信頼関係で成り立つ契約ですからね。