光熱費の支払い方法に要注意。

携帯電話とローンの審査落ちの関係については
任意整理後のローンで落ちる原因はケータイ料金を参考にしてみてください。

では、水道・電気・ガス代も延滞すれば、ローンの審査に影響する?

このケースは支払い方法次第で延滞がローンの審査に影響することがあります。

最近はクレジットカードで公共料金の支払いができるようになっています。
メリットはポイント還元。
毎日使うものだから、貯めやすいですよね。

でも、これを延滞するとクレジットでの支払いとなっているので信用情報機関には「延滞」という形で残ります。

携帯料金と同じように、だいたい、どれぐらい利用するかは分かっているので金額は把握しやすいのですが、
それでも収入の変動や給料日の変更もある訳で口座にお金がなかった、入れるのを忘れていたなどの理由で延滞となってしまうこともあります。

月数千円あるいは1万円前後の公共料金を延滞となれば、何百万円、何千万円といったローンなら、さらに延滞が起きかねない。

1回だから、まだ大丈夫!

ではなく、1回でも延滞は延滞。
実績の意味でも、延滞だけは避けたいところです。

振り込みでの支払いも注意が必要。

通信料金や公共料金などをクレジットカードではなく、振り込みや口座引き落としで対応している場合も延滞が審査に影響することがあります。

例えば、通信系のクレジットカードの申し込みを考えている場合、同じ通信会社を利用していたとします。

当然、毎月の料金の支払い状況は記録されている訳で支払い状況では審査落ちになる可能性もあります。

ただ、通信料金の支払い状況はヨコの連携がないので、過去に振り込みが遅れた、口座の引き落としができずに
再引き落としになった場合でも、他のクレジットカードの審査は通ります。

例えば、同じクレジットカードでも、IT系だと審査は通ると思います。
(Yahoo!カードの場合、ウォレットの引き落としが遅れて次月にまとめて場合でも、直近で延滞が続いていなければ、審査は通ると思います)

クレジットカードの審査も実績重視=支払い履歴によるところが大きいので、審査が不安であれば、延滞経験のあるカードは避けた方が無難な面があります。

口座引き落としであれば、銀行系のカードも難しいと思います。
いつも使っている銀行でローンを組む場合、引き落としの実績がベースになりますからね。

振り込みにしても、クレジット払いにしても、どちらも実績につながるものです。
クレジットカードの審査が通らない、ローンが組めない理由は毎月の支払い実績にもあるのです。