任意整理は家計の見直しも同時で進める。

任意整理では保証人が付いている借り入れや車のローンなど支払いを続けたいものなどを対象から外すことができますが、できる限り、すべて一度に進めるのがおすすめです。

その理由は、なぜ、うちの会社を整理にして、あの会社はそのまま払い続けるのかという横ヤリも入らないとは言えないのですね。

任意整理は弁済していくための安定した収入が条件となりますが、裁判所に出向く必要もなく、事務所に相談・依頼することで書類の作成も必要ありません。
特定調停では裁判所から書類を送付することになり、街金規模の会社では登記を取らなければならず、その点も任意整理との大きな違いです。

また、任意整理では官報に載ることもなく、自己破産でつく資格制限もかかることもありません。
弁護士への依頼で、介入通知書の送付をもって返済もストップします。

その後、債務一覧表を作成し、取引履歴について必要な場合は開示請求します。
この一連の流れは個人でも可能ですが、相手も交渉のプロといえるので、なかなか上手くいきません。
相当の知識と、根気と、交渉力が必要になり、時間もかかるため得策とはいえません。

特に過払い金の返還請求は時間の問題もあり、完済時期や相手方の金融会社の事情によっては時間を掛けられない場合もあります。

払い続ける弁済額の設定が大事。

また、ポイントとなるのが和解案をまとめるために、今後どれくらいの金額であれば無理なく返済できるのか
月々の弁済額の設定がカギを握ってきます。

交渉は事務所にお任せするとしても、どれぐらいなら払えるかは、相談者が目安をつけなければなりません。
この金額であれば金融会社も和解に応じるという情報は債務整理専門の事務所であれば把握していて、提示してくれますが、月々の返済額を決めるのは相談者自身で、払い続けていける金額を設定することがポイントです。

少なくても和解案はまとまらず、多く見積もっては返済に苦慮することになる。
今後、無理なく弁済していくための家計の見直しも大事なポイントになってきます。

大手ほどスムーズに和解案に応じるケースが多いのですが、短期での完済を指定してくる会社もあります。
この点は事務所の方針や交渉が大きく左右します。

和解案がまとまるまで、返済はストップしていますので、この間に返済金の捻出と家計の見直しをしていくと後々で無理がありません。

おおむね3年前後、短いようで長く、この間に一度も延滞することなく払い続けていけるか、任意整理は家計の整理と同時進行で進めるのが大切です。

借金の整理だけでなく、家計の見直しもアドバイスしてくれる事務所も。