借金問題解決の障害は費用というお金の問題。

弁護士や司法書士に払うお金があるなら、返済に回したい。
どれだけ掛かるかわからないし、不安。

債務整理する際にネックとなるのはお金の問題。
返済で払いきれないのに、この上に弁護士費用などで払うお金が増えると、回らなくなる。

私自身も、債務整理で一番の不安は「お金」でした。
どれだけ掛かるかわからないし、減額できるかどうかも分からないだけに、先のことよりも今を優先したこともありました。

だから、特定調停を選択した。
理由は費用が安いから。

確かに減額できたものの、思うような減額にならず、過払い金の返還も別の手続きが必要でしたので、任意整理だと「もっとラクにできたのでは?」と思ったほどです。

特定調停は費用は安いけれど減額という結果でみれば、あまりお薦めはできません。
当然、個々のケースで減額幅も違うと思いますが…。

高額の費用をできるだけ抑えるために。

例えば、弁護士事務所に依頼したとします。

ある事務所に一例ですが、着手金に39800円、これに成功報酬19800円、減額報酬10%、過払い金報酬20%、
事務手数料、消費税と掛かることになり、着手金と成功報酬だけの費用をみても債権者1社あたり6万円かかることになります。

ということは5社の借金を整理しようと思えば30万円、これに事務手数料や減額・過払い金報酬を加えると
数十万円になることも考えられます。
(ただし、費用が安いから良い訳ではなく、費用が多少ついても、大幅に減額できることもあります)

6カ月の分割払いでできたとしても、月7~8万円ぐらいの費用を返済金と一緒に払うことになる訳ですが、返済がストップしている間のストック分で、もう少しラクにできると思います。
これも任意整理の一面です。

司法書士だと、着手金が半分ほどの2万円で受任する事務所もありますが、1社・140万円を超える借金の整理は受任できませんので、おのずと限定されてきます。

ほんと、迷うところですよね。

費用は高いけど弁護士なら、代理範囲の制限がないので裁判となってもお任せできる。

司法書士は費用は安いけれど、代理範囲を超える分は受任してもらえないこともあり、提携の弁護士への依頼となることもあり、別途費用がかかってくる。

ゆえに、どれだけの借金を整理するかで弁護士、司法書士どちらに相談するかが決まってきます。

大体、相場が決まっている弁護士事務所の中でも事務手数料や分割期間も違いますので、比較してみることがポイントです。

弁護士事務所をいくつか比較してみると、司法書士並みの費用で受任しているところもありますので、一概にべ弁護士事務所=費用が高いとは言い切れません。

月々の支払いを減らすための、もうひとつのポイント。

また、実際に債務整理した実感から「弁済期間」も重要になってくると思います。
特定調停では3年が原則ですが、任意整理では収入状況で4~5年と交渉してもらえることも可能。

返済プラス、費用をどれだけ抑えるかを事務所比較してみることで返済計画を立てていきましょう。

ネットで検索でき、メールで相談できるので、ひとつの事務所に選ぶこともありません。
時間の許す限り、自分に合ったところを、探していきましょう。