債務整理の専門家は大きく分けて二つ。

返済のために他の業者から借り入れるという形で、複数社からの債務が重なると、完済は難しくなります。
そうした借金が膨れ上がって返済が著しく困難な状況になったとき、債務整理は選択肢のひとつとなります。

債務整理は法律で認められた救済策ですので国民の権利として行使できます。
自己破産は最終的な手段としても、任意整理であれば影響を抑えることも可能で、保証人がついているローンを外すこともできます。

そういった任意整理は、債務者が自分で行うことも法律上ではできますが、裁判所を通さない任意の手続きですので、債権者が交渉に応じてくれない事態は十分に考えられます。

引き直しで重要となる取引履歴を全部出してくれるかどうか、現実、渋ったり、一部しか開示しない業者もあります。

また、各種の法律が関連してきますので、専門的な知識も必要で、金融会社は関連法規の知識に長けた社員がいることもあり、個人では難しいのが現状です。

債務整理ができる専門家は弁護士と司法書士がありますが、司法書士は代理範囲(1社の債務が140万円以下)でないと法律で携わることができません。
弁護士なら、債務額に関わらず、自己破産でも本人が出れなくても代わりに手続きをとることもできる点に大きな違いがあります。

また、司法書士なら、どこでも債務整理できるかと言えばそうではなく、後ほどお話ししますが、「認定」を受けた事務所しか携わることができません。

債務総額や代理範囲によって、どこで借金問題を相談するかが大きく変わってくるのですね。

司法書士は「認定」を受けないと債務整理の業務ができない。

先ほどの弁護士や司法書士が事務所名を名乗る際、「法務」と「法律」の違いがあります。

この違いも、債務整理の事務所を探す時に重要なキーワードになるので、確認されることをおすすめします。

法律事務所と名乗れるのは弁護士のみです。
司法書士がこれを名乗ると、法律違反となります。
なかには弁護士事務所と表記しているところもありますが、法律事務所=弁護士事務所となります。

これに対して司法書士の場合は「司法書士事務所」としているところもある一方で、法務事務所と表記している事務所もあります。

1字違いでも、大きな違い。
でも、この違いこそ債務整理の相談では大きな意味を持ち、解決への道も違ってくるので大事な点です。

また、こんな表記もみたことがありませんか?

「総合」事務所という言葉。

弁護士事務所でも、司法書士事務所でみかける言葉ですが、債務整理の他にも様々な業務をカバーしていますよ、ということですね。

当然、弁護士はあらゆる法律相談を担当することができますので、カバーできる範囲は段違いです。

司法書士法などの法律改正で、債務額によって代理できる=交渉できる範囲が決められて、今の状況があります。費用面では司法書士の方が安いけれど、代理できる範囲が全然違う。
借金でお金の工面に困っているのだから、費用はできるだけ抑えたいところですが、債務整理をカバーできる範囲が弁護士と司法書士では差があります。