債務整理で家族のカードは使えなくなる?

借金の返済や債務整理の責任範囲は本人のみです。
家族が所有しているカードが使えなくなることはありません。

例えば、夫婦間で夫が債務整理すると、妻が持っているクレジットカードが使えなくなることはありません。

夫婦間でも夫・妻どちらかが借金をし、支払いが困難になったからと言って、両者ともに責任が及ぶことはありません。
これは兄弟や親子の間でも同じことなんですね。

ただし、保証人や連帯保証人になっている場合は事情が違ってきますが、そうでない場合は家族に支払いの影響が及ぶことはありません。
(家族カードの場合は違ってきます)

私の経験談からも一切、影響は及びませんでした。

私が債務整理をした時も、両親や兄弟のカードが使えなくなったり、クレジット契約が結べなくなることはありませんでした。
弁済の責任を負うのは債務整理をした本人のみ、借金の返済と同様に家族の支払い義務はないのです。

例えば、利用者ではない家族に対して返済を迫るような行為があれば…。
貸金業法に抵触しますし、取立禁止の行政処分を監督官庁に求めることができます。

自己破産の場合は少し事情が違います。

自己破産の場合は財産の処分が伴いますので(規定の財産がある場合のみですが…)、家族に打ち分けることも必要になってきますし、住まいや車などの高額財産は処分することになります。
その点でみると、家族に影響があると言えます。

ただし、財産がなく同時廃止となる場合は裁判所での尋問も2回程度なので、知られずにおくことは可能です。
それでも、家族に打ち明けることは大切になってきます。

民法の「日常家事債務」との関係は?

貸金業者が取り立ての根拠とするのが日常家事債務です。

民法の中では日常生活に必要なものを購入したり、ローンなどを利用している場合は夫婦双方に責任があるとされています。

しかし、どれが夫婦双方に責任がある債務なのか個々によって違うので、ケース・バイ・ケースの対応となります。
その中でも個人がつくった借金は個々の責任に帰すもので、債務整理をしたからと言っても家族が返済を被ることはありません。
カードローンの返済も、債務整理も、基本的には個人の問題となります。

もし、家族への影響で債務整理をためらっているとしたら…

住まいを残したまま整理できる個人再生がありますし、債務内容・金額によっては任意整理で解決することができます。

お子さんの就職や進学に影響することも一切なく、本人以外はクレジットカードを今まで通り使えます。


imag1_02
   imag2_02