借金問題解決に債務整理しかないタイミングとは?

初めは小額の借金でリボルビング払いなら
月々決まった額で、それも少額なら…
計画的に返済していれば、カードローンは便利なものです。

借金の返済には健全なサイクルと不健全なサイクルがあります。

計画的に返済している状態は健全なサイクル。
不健全なサイクルは計画が破綻している状態です。
また、返済サイクルの中では自分の収入、生活費を差し引いて残ったお金から払っているかどうかもポイントになります。

自転車操業になれば、債務整理を考える。

返済のために、新たな借金を重ねていく段階になると、もう自力での返済は難しいと言って良いでしょう。
自転車操業では、新たな借入先を探すのも困難ですし、以前であれば、中小の消費者金融も数多くあり、多少のリスクはあっても、出資法の上限金利でみなし弁済の規定を当てはめれば、貸し出す傾向もありました。

いつも、走らせていなければ止まってしまう。
自転車操業は、そう長くは続きません。

家賃が払えない状態になれば、もう自力完済はムリ!

完済の手立てとしては月々の支出を最大限減らしていく。
しかし、それが月の固定費でもある家賃などを切り崩さなければならないようになると、債務整理を考えた方が良いと思います。

ちなみに賃貸契約書の中で2ヵ月滞納すれば、契約を解除できるという文言を見かけたことありませんか?
契約内容によっては2ヵ月でない場合もありますが、もし、延滞が2ヵ月続けば、追い出されてしまう?

答えは契約を解除されることはありません。

信用関係が破綻していない状態では例え家賃を2ヵ月滞納したからという理由だけでは契約は解除できません。

ただし、これが6カ月とか、連絡が取れないとか信用関係を壊すような行為をとった場合は契約が解除されることがあります。

利用限度額を使うことも、借りて返すのと同じです。

返済不能とみなされる目安は個々の収入・家計によって異なりますが、債務の総額が200万円でも病気やケガなどで収入が途絶えている場合は返済不能とみなされるでしょう。

自己破産は債務が多額だからという理由では決まりません。
年齢や職業、性別、給与、財産などのトータルな視点から判断されます。
病気やケガの場合もその一例です。

月収ベースで収入の4分の1以上となると、かなり頑張らないといけいない金額に。
3分の1以上となると、なかなか自力返済は難しくなります。
件数で換算すると5社前後。
カードローン以外にも、ローンが絡む場合も含んだ数字です。

利用可能額を使ってはそれを返済に充てることも、借金を借金で返すようなもの。
自力返済はかなり難しいです。


imag1_02
   imag2_02