債務整理した会社から、また利用できる?

答えはできます!

こちらでも、その理由を紹介していますので、併せてご覧いただければと思います。
任意整理後、どれぐらいでローンの利用が可能になるのか。

債務整理したのは2006年12月。
過払い金が発生していたので、債務不存在で弁済はなしになりました。
借入総額は50万円で、金利は利息制限法を超える21%台。
長く取引していましたので、過払い金が発生していました。

債務整理すると、5~7年は信用情報機関に異動情報として登録されることから、その期間を避けて一度、利用を試してみたのですね。

ネットで債務整理した会社からは二度と借りることができないと載っていましたが、ケース・バイ・ケースで審査は変わるものですし、ハウスリストなる存在にも疑いを持っていましたので、実際に申し込んで確かめてみたのでです。

結果は審査OK。
当時、年収は250万円で派遣社員の身分でしたが、何の問題もなく通りました。
派遣社員ながら長く雇用されていたこともあり(審査当時:1年6ヶ月)、
実際に融資が実行されるまでに3時間近く掛かりましたが、書類をいろいろ提出した分、何ら引っ掛かることなく審査は通りました。

融資可能額は85万円。
ちょうど総量規制の3分の1以内の金額です。

さすがにそこまでは返すのも大変で、消費者金融からの借入は過去の経験からコリゴリだったので、早々に完済して解約するつもりでした。
今は銀行からの融資に切り替え、優遇金利の適用を受けています。

利用目的は学費の原資に使うためだったのですが、早期に完済しています。
金利が低いと返済額も少なく、ラクですね。

融資までの流れ。

プロミスの審査の中で言われたことなのですが、ネットからの申込で注視されているのは、本人からの借り入れであるどうかの確認です。
まったく電話確認がないことはありません。
プロミスの場合は給与明細や源泉徴収票などの提出で在籍確認を不要としていますが、絶対、連絡がないとは言い切れません。

ネットからの申込では自己アフリエイトなどで高額の報酬が出ることもあり、プロミスなどの消費者金融は報酬目当ての借入を警戒しているようでした。

ここで気になるのは過去に利用しているのだから、初めての方に適用される無利息キャッシングは利用できないのでは?
という疑問ですが、問題なく適用されます。過去に債務整理していたとしても。

大手消費者金融でも、初めての方に向けて優遇金利を適用するなど手厚いサポートを行っています。
過去に債務整理していたとしても、信用情報機関から異動情報が消えることで、ゼロの状態に戻る。
後は収入や勤続年数などの返済能力があれば借りることは可能です。

ただ消費者金融は金利が高いので、ネットバンクのカードローンなどを利用する方が良いのですが、必要のないカードローンはできるだけ持たないことが賢明です。

債務整理で気になるブラックリストですが、また借りれることを気になることは
借金問題の解決を遠ざけてしまいます。
もう、できるだけ借りることなく、生活設計を組み立てることをおすすめします。

利用するなら金利を重視。
例え0.1%でも低いところを選ぶことが大事。
利用目的を絞り、余裕があれば繰り上げ返済をして早期に完済することをおすすめします。
金利でどれだけの利息がつくのか、実際に確かめてみると、結構な額でもったいないと思います。

過去の債務整理はまったく関係ない!

ただ過払い請求か任意整理か、自己破産など債務整理の内容によると思います。
例えば、過払い請求したから二度と利用できないこともなく、時期を待って申し込めば通ると思います。クレジットカードも同じです。


imag1_02
 imag2_02