期間を置けば、また契約することは可能です。

例えば、随分長く利用していたクレジットカードに過払い金が発生していた。
そのお金を請求するために解約した。
任意整理でも、クレジットカードのキャッシング分に過払い金が発生していて、ショッピング枠を相殺できても、カードは解約となることがあります。

もう、同じクレジット会社のカードは利用できない?

私の経験上、それは少ないと思います。
確かに解約後すぐに契約することは審査自体通りませんが、期間をおけば通る可能性はあります。

カードローンでも同じことが言えます。
例えばアコムで任意整理すると系列の三菱東京UFJ銀行から借り入れることができないとか、
クレジットカードもセディナとOMGは同じ会社ですが、どちらかを債務整理すれば今後二度と利用できないことはありません。

文書・情報の保存期間は法律で定められ、遵守するカタチで保存はされています。
ただし、ずっーという訳ではないのですね。

<ポイント>個人の借入やクレジットカードに関しては。
利用額は小さいので、主に属性判断こと返済能力が審査の中心となると思います。

信用情報機関の登録情報には弱点がある。

私が経験したことですが、
引越しを2~3度繰り返すと情報に差異が出ることがあります。

申し込みがあれば、随時、加盟会社を通じて登録されていくのですが、会社によっては翌日とか月1度の割合とかで登録のタイミングがズレることもあります。

<ポイント>登録されることで情報が更新され、それを元に金融会社やクレジット会社が審査します。
つまり情報の更新次第では過去の情報が追えないこともあるのですね。
ただし、異動情報は別で債務整理の履歴はしっかり5年は残っています。

詳しく言えば、信用情報機関は利用や申し込みがあれば、その都度、情報が登録・更新されていきます。
信用機関自体は審査する機関ではなく、加盟各社の情報を登録・管理しているので、加盟各社がいつ登録するかで、情報の出方が違ってくる訳です。

また、貸金業者で起こるものとしては同姓同名のケースもあります。
例えば、漢字は違う名前でも、読み方は同じでカナ読みで同じと判断されることもあるのですね。
コンピューターで誤差が出ることもあり、最終的には担当者の目で判断されていますが、時々不具合が出ることがあります。

私も過去に「過去に破産されていますよね」と金融会社の窓口で言われたことがあるのですが、当時は債務整理の経験もなく、漢字の名前を提示することで別人と分かったケースもありました。

最初に述べた引越しの件は登録住所が変わることで起きるものですが、私の場合はたまたま引越しが転勤などで重なったことが背景にありました。
今の信用情報は居住年数5年以上で得たものです。

<ポイント>居住年数はカードローンも、クレジットカードも、重要な実績評価なので長いほど有利です。

過払い金は債務整理ではなく、不正利得請求。

過払い金を請求すると、ブラックリストに載る。
現在はそのようなことはありません。

第一、法律の上限を超える利息を貸し付けていた訳ですから、
こちらに落ち度はありませんよね。
それをブラックリストというペナルティを課すのは話が違います。
過払い請求が増えていた時期はブラックリスト入りのケースも多々ありましたが、その後、金融庁などの通達もあり、現在は載ることはありません。

過払い金は法律用語で不当利得請求といいます。

<ポイント>不正という言葉が付いて通り原因は金融会社やクレジットカード会社問題がある訳ですね。
だから、過払い請求は債務整理ではないのです。
この考え方から過払い請求して解約したクレジットカードも、利用者の理由ではありません。

時間をおけば、過払い請求で解約したクレジットカードでも、また持てるようになりますが、解約後の再契約に対応しているかは個々の会社次第です。
どの期間かはまちまちですが、信用情報機関の登録期間(5年)を基準にして考えても良いかもしれません。


imag1_02
  imag2_02