任意整理の利息カットのメリット、計算してみました。

今の法律では総量規制で年収の3分の1までが借金の限度とされています。

分かりやすい数字に例えると、年収240万円の人が借りられるのは80万円です。
消費者金融や信販会社など貸金業法下の貸付に当てはまる金額なので、銀行のカードローン、なかでもネットバンクのカードローンであれば、もっと多くの金額が借りられるのでは?そう思いますよね。
実際は、そんなに簡単ではなく、貸してはくれません。

銀行のカードローンの保証会社に信販会社や消費者金融がついている現況では一緒なのです。
また、収入など返済能力に応じて貸し付けるのは銀行も、消費者金融も同じです。
総量規制外だから借りられることはないと言って良いでしょう。

ネットからの申込で、簡単に借りることができます。
利息制限法に切り替わって久しいですが、利息が下がったからといって、低い訳ではありません。
まだまだ金利は高く、ラクに完済できるものではないんですね。

例えば、先ほどの年収240万円の例で、月収ベースでいくと20万円、80万円の借り入れをしたとします。
1年で掛かる利息は14万円超、合算すると計94万円になります。
月収に及ばない数字であるものの、おおよそ1ヶ月の月収の大半が金利で消えることになります。

この計算は単純に金利と借入を掛け合わせたものですが、リボ払いの場合は残高に応じて金利がつくので、もっと利息は高くなります。

※数字は概算で計算

カードローンの何とかなる返済は行き詰まりやすい。

厳しい見方ですが、カードローンはメリットもある一方で、デメリットもあります。
それが金利であり、リボ払いで残高に応じて利息がつき、なかなか返しにくいという一面です。

前ページで紹介した金額では借入80万円となると月々の返済額は年利18%計算で約29000円、3年・36回で返済していくことになります。

毎月、3万円近くを返済に充てることになる現状。
収入のダウンや予期せぬ出費があると破綻する恐れもあります。
先の例は1社での計算ですので2社から80万円となると、利息がかさむことになるので返済額は増えます。

返済がしんどいと思えば、そろそろ債務整理を選択肢に入れてもよいかと思います。
何とかなると思っても、実際は何ともならないのです。

借金を返済を繰り返す中で目にみえる影響としては人間関係があります。
人づきあいが悪くなった。
自身もイライラ感やストレスなどで性格も変わる場合もあります。
自分ではそうは思っていなくても、顔には出ているもの、気づかないことも多いのです。

何かチャレンジしたいと思っても返済に回す生活。
生活や行動の自由を自然と狭めることになる面も借金を抱えているとあると思います。

そんな生活が何年、続いていますか?
もう長く続いているのであれば、今が整理する時だと思います。

債務整理をした私の経験上、案外、簡単に済むものです。
専門用語が多く、取り立ての不安や周りの眼もあるでしょうが、自分が言わない限り、借金を整理したなんて誰も分かりません。
取り立ても法律で規制さているので心配しなくて大丈夫です。

思うほど、債務整理は難しくはなく影響もありません。
経験者からだから言えることがあります。

<おすすめの相談先>相談者ごとに最適な解決方法を提案する法律事務所

【債務整理】シン・イストワール法律事務所