債務整理の中でも傷が浅く済むのが任意整理。

任意整理のポイント

裁判所を通すことなく、弁護士や司法書士を間に立てて借金の減額を交渉するのが任意整理です。

お金との付き合いはこれからも続く訳で、後々の影響をいかに少なくするかも大事なことですよね。

下記の記事でも、任意整理のポイントやメリット・デメリットを紹介しています。
債務整理後の影響。気になる事故情報の内容と影響は?

今回は実際に体験したことを交えながら、どのように進められるのか紹介したいと思います。

まず借金問題の解決で任意整理が良い場合は
●定期的な収入がある
●借金の額が比較的少ないこと

後者の借金の総額が少ないことは、個々によって異なりますが、カードローンやショッピングローンなどの借入が中心の借金であれば、ほとんどの場合で任意整理で解決できます。

定期的な収入については勤続年数や月収によって左右されることもありますが、アルバイトでも可能ですし、今は無職で就職活動中でも近いうちに就職の見込みがある場合も可能です。

財産を失うことなく、借金の減額を交渉するやり方なので債務整理の中では一番傷が浅く済む方法です。
ちなみに、特定調停(経験済)も裁判所を通す点は違いがあるのですが、引き直しの点では同じです。

利息制限法に基づいて引き直し、特定調停の場合は債務ゼロとするのに対して、任意整理は過払い金を確定し、返還手続きもとれます。
特定調停では調書が作成され、差し押さえが容易になるので、確実に弁済できるかがポイントです。

特定調停では調停委員の方が間に立ちますが、調停はしても交渉はしません。
呼び出し時に債務の経緯や金額などの確認がありますが、申し立て時の書類を元に進められるので、交渉こと調停の成功の鍵は申し立て本人が提出した書類にかかってきます。

かなりプレッシャーがかかり、必ずしも思うような減額にならないので注意が必要で、孤独な借金整理になる点も経験談から添えておきます。

相談の中で法律の専門家のアドバイスや交渉などを受けられる点で任意整理は有利といえるのですね。

任意整理の解決の落としどころとは。

自己破産されて、一切、債権たる借入金が戻ってこないというのは金融会社にとっては痛手です。
連絡が取れない債務者には催促や裁判で強制的に回収する方法をとる場合もありますが、連絡があり、滞りがちでも返済を続けている債務者にはムリなことはしないのが今の金融会社です。
取りたてに関しても、法律で規制されているので、自宅に押しかける例はまずないでしょう。

利息はカットされるけど、元金は確実に返ってくる。
それが金融会社からみる、任意整理です。
返済が難しくなっている中では、時間をかけてもラチがあかない。
ならば、任意整理で元金だけでもと思うのは、ある意味、当然と言えるかもしれませんよね。

問題は過払い金が発生している場合。
大手なら返還率も高いけど、中小は懐事情が厳しいので満額回答は難しい場合も多いけど、腕の良い専門家に相談することで、時間はかかっても戻る可能性も高いです。
時間がかかるということは、返済も止まるということ。
どこかで折り合いをつけるという動きも出てくますしね。

任意整理と過払い請求は一体で捉えられます。
利息制限法で引き直すので、それを超える利用履歴があれば、過払い金として返還請求がとれるのですね。

自己破産なら全額免責、民事再生も大幅に減額できるのですが、財産の処分や手続きの面でラクでキズが浅いにも任意整理です。
ただし、利息をカットして元金はそのまま残るので、債務整理の中では一番、弁済額が多い面もあります。

それでも、利息カットだけでも、かなりの減額になります。

50万円の債務で金利18%計算で年間9万円ぐらいになります。
その分がまるごとカットされるのですから、ラクになりますよね。
いかに金利が重い負担になっているかがよく分かります。

自己破産されるよりは…ネガティブな見方ですが、事務所ごとの力量はあるものの、借金問題の解決で、影響を小さく、比較的短期に解決できる方法です。


imag1_02
  imag2_02