アプラスの過払い金返還状況

アプラスは新生銀行系の信販会社・クレジットカード会社として展開しています。

アプラスフィナンシャルの中心的な存在ですが、新生銀行の傘下に入る前はUFJ銀行系の会社として大手の消費者金融・プロミスとの共同出資で、現在のモビットの前身となる消費者金融会社を設立した経緯があります。
2000年の頃、出資法の上限金利での貸付も、みなし弁済で可能とされていた時代です。
※モビットの過払い請求先はアプラスではないのでご注意ください。

そんなアプラスの過払い請求のポイントは新生カードやTSUTAYAなどの提携カードを利用していた人です。
29%を超える貸付を行っていたので、過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金返還率

●裁判・訴訟の場合は90%~100%プラス利息で3ヶ月~
●和解の場合は80%~100%で利息1ヶ月~

アプラスは経営が安定しているので、比較的に数字も良い方です。
新生銀行グループとなったことも一因で、裁判でも交渉でも、80%以上の返還率は高い部類です。

過払い金返還のポイント

アプラスは信販会社ですので、キャッシングだけでなく、ショッピングローンなども展開しています。
ショッピング枠は過払い請求の対象ではなく、残債がある場合で整理すると債務整理(任意整理)となるので、注意してください。

金利の変更は2007年から2007年頃。
他社は2007年時点で金利を変更している場合も多く、若干、時期がずれています。
他でも同様ですが、いつ金利が変更されたのかがポイント。

いつという時期も過払い計算の月数に影響しますのでポイントになります。

いずれも専門の事務所に相談して取引履歴を調べると分かることなので、分からないという方は相談されることをおすすめします。

details4_3s
詳しい情報または相談は(数字引用元)
司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所:お問い合わせ案件

司法書士法人 杉山事務所の紹介
■選ばれる理由と強み
メディアやビジネス系の雑誌に実績が取り上げられるなど、交渉力に定評のある事務所です。
相談件数は月間3000件、その1件ごとに相談者と向き合ってきたノウハウや情報力があります。

■全国の主要都市に事務所があります。
東京、大阪、広島、岡山、福岡、名古屋、仙台にあり、メールからでも相談できます。

■相談無料、着手金無料、過払い金報酬は税抜20%~です。