ただの延滞とは違う「延滞ブラック」。

1日や2~3日程度の延滞は信用情報機関でも、返済が遅れているという見られ方で終わるのですが、延滞ブラックというのは3ヶ月以上、延滞している利用者のことを指します。

さすがにここまで遅れると、金融会社も黙っていないのが通常。
かと言って、正当な理由がないのに、債務者が指定する連絡先以外に連絡をかけることはありませんし、連絡が取れない場合は通知を郵送することになります。

金融会社の多くは延滞の期間を区切って、催促の連絡を入れます。
その中身も、脅しととられるような言動は決してありません。
法律に触れることになるので、言葉ひとつ選んでいるのが実際です。

「耳をそろえて返せ!」ということは、まずないと思います。

「遅れていますが、いつ返済できますか」
丁寧な言葉ながらも、ハッキリとした返済日をもらうようにしています。

利用者が指定した返済日でも、なあ返済がない場合はさらに催促の連絡を入れ、連絡が取れない場合は通知を送るという段階に移ります。

延滞ブラックは3ヶ月以上の長期延滞者のこと。
金融会社もここまで返済が遅れると、期限の利益の喪失から一括返済を求めてくることにもなります。
※ただし、連絡をつけて話し合いの場を持てば、分割で返済することも可能。
その際は弁護士・司法書士に相談してみてください。

自社内の信用の悪化が表面化すること、つまり信用情報機関に出てくる訳で、重大な信用情報の悪化とみられます。

債務整理した時に載るブラックリスト。

ブラックリスト=異動情報として載る訳ですが、5年間は登録されることになり、これが債務整理で利用できない期間の元となっています。

登録期間が過ぎると、喪明けことホワイトの状態に。

これで信用情報が回復したと言いたいところですが、実際には信用情報がない状態です。

どうやって実績を重ねるか、私の実例です。

●PITPAに申し込んでカードを作り、実績をつくる。
関西にお住まいの方ならお馴染みですが、要審査の1枚。
三井住友カードが審査しています。

●携帯電話(スマートフォン)の機種代金の分割払いを利用するこれもクレジット契約の一つなので、実績をつくれます。
任意整理後、間もない時期でも通ることもあります。

以上がホワイト状態からの実績づくり。
身近なところ、簡単に契約できるところから始めていく、もちろん、遅れることなく、計画的に利用して、やっとつく信用情報です。

信用は日々の積み重ね、壊れるのは早いけれど、回復までは時間が掛かるものです。