任意整理後で気になるブラックリストとホワイトリスト。

経験談から言えることですが、ブラックリストというけれど、何ら生活に影響することはありません。

ローンなどを組む以外は。

「おれ、ブラックリストに入っているねん」という人もいないでしょうが、誰も知ることなく、信用情報機関の照会の結果で分かるだけで、信用調査に絡まないものであれば制限を受けることはありません。

5年間はカードローンやクレジットカード、ローンの契約にしても審査は通りにくく、実際にクレジットカードが持てたのは6年目のことです。

5年間という数字は本サイトでも紹介していますが、CICやJICCなど信用情報機関に登録されている異動情報こと金融事故情報の登録期間です。

5年を過ぎれば、喪明け=ホワイトの状態に。

喪明けにしても、ホワイトにしても、ネットなどから出てきた言葉ですが、ではホワイトになれば、どんなカードローンやクレジットカードも契約できるかと言えば、少々事情が違いますが、決してホワイト=審査に落ちる訳でもなく、過去の実例で紹介していきたいと思います。

そもそもブラックリストって?まず申込ブラックについて

ひとくちにブラックリストといっても、3つのパターンがあります。
一つは申込ブラックです。

事故でもないブラックですが、短期間に複数のカードローンやクレジットカードを申し込んだ場合、審査が通りにくくなるものです。

なぜ?申し込んだだけ?

CICやJICCには申込情報という項目があります。
いつ、どこで、何を申し込んだのか、氏名や勤務先などと一緒に登録されるものです。
申込ブラックになる可能性が高いのは1ヶ月に3社。

3社というのは、よく出てくる数字で消費者金融の自主規制とも重なる数字です。
また、国が多重債務の注意レベルとして挙げているのも3社です。

消費者金融では3社=150万円。
限度額いっぱいの数字で、実際には少ない限度額となる訳ですが、1ヶ月の間にこれだけの金額を借りるということは信用状態に変化があったのではと判断されます。

これが申込ブラックと呼ばれるもので、信用状態に疑問符が付いているということです。

しかし、この申込ブラックにも欠陥があります。
それは信販会社と消費者金融の間では登録情報が反映される時期に差があるからです。

消費者金融の場合は申込日の翌日に反映されるのが通常で、その後、残高に応じて途上与信が行われます。

<実例>
私の場合は銀行からの借入を12月に行い、クレジットカードを翌月に2社契約しました。
いずれも1ヶ月の間に3社、基準に合致する訳ですが、月をまたげば、登録時期にも差が出るので、申込ブラックを気にすることはありませんでした。
審査にあたっては電話連絡もなく、発行まで1週間程度。
クレジットカード関連に関してはホワイト状態だったのですが、その前に携帯電話の機種代金の分割払い、交通系ICカード(PITAPA)で実績をつくっていたので、スムーズに通過しました。

例えば、翌日に情報が反映されることを考えれば、その日のうちに5社申し込むことも可能なのですが、途上与信で引っ掛かるかもしれませんのでお薦めしません。
言えるのは登録時期によっては複数の申込もできるということになります。