事務所毎に違う費用はコレを抑える!

任意整理は、弁護士や司法書士に仲介を依頼して、債権者と交渉して借金を減らすというものです。
メリットとしては、裁判所を通して行わないという点で、官報などに氏名が掲載されることがありません。

反面、弁護士の場合には費用が高いですし、司法書士の場合には認定司法書士のみが行うことができ、かつ140万円(1社)までの借金しか対応することが許されていません。

では、この状況を踏まえて、弁護士は高い、司法書士は安いと言えるかどうか。

それは中身次第です。

費用が安くても減額がそれほどでもなかったら…
多少、費用は掛かったけど、大幅に減額できた。

あなたなら、どちらを選択しますか。

ポイントは費用+和解後の返済金額(返済回数も)でみていきましょう。

費用に関しては受任後、返済が止まりますので、その分を費用に充てることも可能です。
ならば、その中身をしっかりみていくことが次の段階になるのですね。

そんな費用の中身をみる中で迷う点は費用に関しても特に決まったルールがないこと。

報酬としては総額表示で行っているところもありますが、成功報酬などを要求するところもあり、利用する際には注意が必要です。

また任意整理の多くは過払い金請求とセットにしてくるところもあり、そのさいに取り戻した過払い金の成功報酬として、2割程度は費用が請求されることになります。

そんな費用を分かりやすく、丁寧に説明してくれているか。

正式な受任契約はそのあとで十分。

焦る必要はありません。

一度、面談を通せば、後は電話・メールで確認して詰めていけます。

和解後の返済と相談費用の二重の支払いにどう対応するか!

一方で、減らせる借金の額も将来の利息分が中心であるため、掛かる費用に対して減らせる金額が少ないといったデメリットがあります。
また通常は過払い金で費用を相殺するところが多いですが、過払い金が発生していない場合にはその費用を支払わなければなりません。

1社であれば4万円程度で解決することができますが、複数社になると10万円を超えてくるケースがあります。
借金で苦しんでいるような状態では手持ち資金もなく、総額の費用を一括で返済できる能力はほとんどないため、多くの事務所で費用の分割払いに対応しています。

分割払いの目安はおおむね6ヶ月以内に支払うのが一般的ですが、最大1年まで対応しているところもありますので、この点も抑えておきましょう。

また、和解がなされるまで、弁済がスタートする時期までは返済がストップしていますので、この分を弁済や相談費用などに回すこともできます。
加えて過払い金が発生している場合は、その金額によって相談費用も払うことができ、かつ戻ってくるお金でプラスになることもあります。

分割OKの事務所がほとんど。違いをみるなら分割回数・支払い時期です。


imag1_02
  imag2_02