内緒にしたまま借金を整理できます。

夫が、妻が借金で債務整理。どうなる私のクレカ、ローンの支払いの続編として、家族内で債務整理した場合の以降のローンや借入の審査について触れたいと思います。

家族に内緒で借金を整理するなら、任意整理がおすすめです。

理由はズバリ、裁判所から通知が来ないからです。

民事再生や自己破産でも家族に内緒できるものの、自己破産では財産の処分なども関連してくるため、打ち明ける必要も出てきます。
家族と相談し、協力を得なければ進まないという一面があります。

特定調停の場合でも調停調書などの書類が簡易裁判所から届きますので、家族に知られる可能性は大です。

その点、任意整理は裁判所を通さないので、書類の送付も相談先の事務所で受け取ることができるので、秘密にしておいたままで整理することが可能です。

その点も任意整理の特長であり、他の債務整理とは違う点です。

相談時も、和解後も家族に知られることはありません。

弁護士・司法書士事務所での相談・手続きの中でも家族に知られることはありませし、特長に挙げているところがほとんどです。

家族には内緒にしておきたい。
もし、借金があることがバレると離婚など家庭が崩壊しかねない。

借金の理由は人それぞれあるとは言え、絶対に家族に言えないですよね。

その点に配慮して、メールでの相談も匿名でOKにしている事務所もあり、内緒にしたままで進めることができます。
経過報告もWEBからチェックできるところもあり、書類が届くことはありません。

審査でバレるかもしれないという不安について。

借金の整理はできた。

過払い金の返還が債務を超えた場合は任意整理でも、ブラックリストに載ることはありません。
しかし、クレジットカードの債務整理でもショッピング枠を任意整理した、あるいは過払い金が返還されても、なお借金が残り、整理した場合はブラックリストに載ることになります。

以降、5年間は事故情報として記録が残ることになりますが、その間に住宅ローンやクルマ・教育費のローンを組むとなると、信用情報機関で調査されることになります。

経験談として5年間は確実に異動情報こと事故情報が登録されていました。
それ以降はまったく情報がない状態、ホワイトリストの状態になります。
金融機関のホワイトリストの見方としては
●まったく消費者信用に関わる利用をしていない(実績がない)
●過去に債務整理した経緯があり、情報がない状態(信用がない)
この二つが考えられます。

ホワイトリストで年齢の割りに実績がないからとローンが組めないことはありません。
債務整理した会社と系列下でローンを組めないケースはあるものの、金融機関の数は多いので、それ以外で利用を試みても良いでしょう。

与信は現在の属性(収入や勤続年数)などが元になり、実際に4年で審査が下りることもあり、柔軟に対応するところもあり、すべてとは5年以降でないと審査が通らないと言い切れません。

ただし、任意整理直後では審査は通りにくいのは確かです。
信用の回復は時間も必要です。

夫婦どちらかで審査は変わる?

例えば、妻側が借金を整理して、ブラックリストに載ったとします。
そこで夫が契約者となり、住宅ローンを組もうとする時、配偶者のブラックリストが影響するかと言えば、ないと言えます。

債務整理したのは妻であり、夫ではないから。
夫婦だからといって、審査は別個なのです。

保証人などケース毎で異なりますが、影響はないと言っ良いでしょう。
任意整理の場合だとブラックリストから情報が消え、5年以降になるとローンが組める状態になります。

その際は任意整理した会社の系列化を避けて申し込むと良いでしょう。

収入のある夫側であっても、任意整理では5年の辛抱。
過払い金が債務を超えていれば、問題なし。
債務整理は個人の問題で保証人でない限り連帯責任はない。

妻側の債務整理の影響と以降の審査でまとめるとこんな感じでしょうか。

内緒にしたまま進めることができ、その後の影響も時間の経過とともにゼロになります。

任意整理であれば、近所、職場関係、家族内でも知られることはありません。


imag1_02
  imag2_02