利用限度額はイコール、信用度。

総量規制が掛かっている現在の消費者金融では、そう簡単に増額融資とはなりません。

増額融資の実行には年収の確認も必要となり、最大でも年収の3分の1です。
また、他社から利用している場合、その残高合計が100万円を超える場合は収入証明書も必要となります。

法律が改正される前も、他社の借入状況が分かる仕組みはあったものの、クレジットカード利用分も含めて他社の債務状況すべてが把握できるシステムではなかったので、どれだけ利用しているのか全体像は把握できないのが現状でした。

今は大手消費者金融であれば、CICとJICCの二つの信用情報機関に登録し、かつ双方の間には交流ネットワーク・FINEがあり、債務残高の詳細がつかめるようになっています。
※かつてCRINという交流ネットワークがあったのですが、これには盲点があり、債務整理ひとつとっても解釈の違いもありました。

年収の3分の1が限度。
これが法律上の最大融資額で、増額もこの範囲内です。

また、利用限度額はその時点の信用度を映します。

この信用力ならば、この限度額と返済能力次第で貸し出すのです。

10万円しか借りれない人と、50万円借りる人の差は信用度の違いです。
融資って、ほんとシビアで、信用できない人との間には歴然とした金額の開きと対応があります。

増額融資は甘い誘惑?

カードローン増額

多重債務にも二つの見方があります。

ひとつは金額過多で、1件あたりの金額が大きい場合です。
もうひとつは件数過多で、文字通り、件数が多い場合ですが、この二つの間にも信用度が大きく関係しています。

すなわち、信用度が低いから、他社も利用するようになり、かつては出資法での貸付で少々リスクがある利用者でも貸し出していた事実もあります。

1件あたりの金額が少なくても、金利は高いので、利息の支払いが増える。
一方で1件あたりの金額が大きいと金利も下がるので、件数が多い場合と比べて利息の支払いが少ない場合もあります。

ここに多重債務へと陥る負のスパイラルの構造もあるのですね。

しかも、頑張って返済すると、増額融資の誘いがくる。
私の経験の中にも、封書で増額融資の知らせが届くこともあり、電話で伝えられることもありました。

件数がかさみ、その返済に増額融資を利用する。
新たに審査を受けることなく借りることができるので、つい利用してしまう。

私の場合は返済の中にクレジットカードのキャッシング分も含まれていましたので、月の返済サイクルは債務整理直前には月収を超える金額にもなっていました。

そんな債務状況にも関わらず、自己破産を免れたのは今思い起こせば、奇跡に近いです。

自分のお金と錯覚するキャッシングの恐さ。

カードローン

クレジットカードに付帯されているキャッシング機能にはリボ払いと月払いの二つがあります。

リボ払いは定額で返済していくタイプで、私の利用していたものは月1万円の返済で利用限度額は20万円でした。
また、もう一つの月払いのキャッシングは限度額30万円で、翌月(または翌々月)に返済するタイプで一括返済となりますが、返済すると利用限度額が復活し、また30万円借りることができるタイプです。

この二つを併用すると、返済サイクルはさらに狂うことになり、多重債務の危険地帯に入ります。

リボ払いにしても、返済すれば元金充当分が利用限度額に反映されますので、その分が利用できます。
消費者金融のカードローンも返済毎に元金充当分が利用可能額となって表示されますから、使えるお金が出てきます。

融資可能額の利用は新たな借金を繰り返しているのと同じこと。

かつての消費者金融でも、返済のたびに繰り返しキャッシングする利用形態では限度額がゼロとすることがありました。
今は総量規制と同時に途上与信も厳格化されていますので、繰り返しの利用については利用限度額の減額かゼロとか厳しく対応しているところが多いようです。

キャッシングを自分のお金と錯覚して使ってしまう。
現実には借り物であり、自分のお金ではないのですが、これがないとやっていけない状態となれば、任意整理など債務整理を検討する必要があります。

現在の融資事情として、リスクのある借り手に貸すところはありません。

自転車操業の「自転車」もいつかパンクします。
パンクする前に、今どれだけ借りているのか、また総債務はいくらなのか確認しておきましょう。

もし、その金額が分からないのであれば、多重債務に入っているか、注意レベルの状態です。
なにせ、自分の借金を把握できない状態はちょっと危険です。