相談者の依頼を全力で叶えるための初期費用1,000円。

ひとくちに言っても分かりにくいですよね。
また、何が基準になるのか捉え方によっても違ってくると思います。

そんな交渉力のある所で任意整理を考えている方に比較して欲しいのがジャパンネット法務事務所です。

過払い金の返還総額は5億円。
債務整理の処理件数は5,000件超。

大手では過払い金の返還総額が1500億円超とも紹介されていますが、事務所規模に比例する数字なので
単純に実力を比較することはできないと思います。
個人の事務所ならではのきめ細かい対応も債務整理ではとても重要になってきますので大手だから良いと言い切れない部分もあります。

その裏づけとなるのが債務整理と金融業界を知る二つの異なる経験者がスタッフの存在です。

債務整理の経験者から、この方であれば、こんな解決方法が当てはまるとアドバイスを加えることができますし、交渉の面では業界内部を知る元金融スタッフの存在は交渉がすべてと言える任意整理では大きな力となります。

処理件数と過払い金返還総額の関係をみると一人あたりの金額も分かりますし、事務所の交渉力、すなわち実力もみえてきます。

休日、遠方、自宅、深夜早朝と
依頼者の事情に合わせて相談可能。

相談は無料ですが、面談をして正式な受任、契約となれば、初期費用として1,000円かかります。

他では0円なのに?

その点はデメリットのように思えるかもしれませんが、これにはジャパンネット法務事務所の方針と思いがあります。

何しろ借金問題を抱えている身としたら、相談時点では少しでも抑えておきたいところですし、生活が困窮している中では今日の食費でさえままならないこともあるのですから。
受任してもらえれば、ひとまず借金は止まります。

また、受任の段階でまったくお金が掛からない事務所もありますが、この1000円は責任をもって引き受ける責任開始の金額です。

お金をもらう以上、全力で相談者の意向を叶えるために、交渉にのぞむ。

プロ意識を徹底するための、お金の受領であり、相談者にとっても返済で苦しむながらも捻出した費用ということで解決への意思を強くできるお金とも言えます。

同じ悩みを抱えてきた方がスタッフにいる。
業界内部を知るスタッフが交渉をサポートする。

ジャパンネット法務事務所の交渉力は業界の内情・依頼者の心情を理解するスタッフの力を結集したものです。